マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 12月 2018

「ふつうのおんなの子のちから」中村桂子著(集英社刊)を読みました

2018-12-20 10.42.10

年の終わりに、とてもいい本に出会えました。
JT生命誌研究館館長の中村桂子さんが書かれた、とてもわかりやすくて共感できる本です。
「ふつうのおんなの子のちから」は、年齢問わず、そして男性にもあるといい力です。
本を読むと、その力とは競争、権力闘争、拡大志向、果ては戦争につながる武力強化につながる力ではなく、「身近な暮らしの中から自分自分の言葉で考えて納得して暮らす、そして日々の暮らしと日々の幸せを感じることのできる力」の比喩ということがわかります。
この本がユニークなのは、「生命誌」という新しい知の体系を構築した著者が数々の童話に登場する女の子達の言葉から「ふつうのおんなの子の力」を説明している点です。
「あしながおじさんのジューディ」「長くつ下のピッピ」「若草物語のジョー」そして「虫めづる姫君」などなど。

特に、”あしながおじさん”に書いたジューディのこの手紙は、心にグサッと刺さりました。
抜粋させていただきます(45ぺーじより抜粋)
「・・・たいがいの人たちは、ほんとうの生活をしていません。彼らはただ競争しているのです。地平線から遥かに遠い、ある目的地(ゴール)へいきつこうと一生けんめいになっているのです。そして一気にそこへ行こうとして、息せき切ってあえぐものですから、現にじぶんたちが歩いている、その途中の美しい、のどかな、いなかの眺めも目に入らないのです。そしてやっとついたころには、もうよぼよぼに老いぼれてしまって、へとへとになってしまってるんです。ですから、目的地へついても着かなくても、結果になんの違いもありません。私は、人生の大作家になれなくっても、人生の路傍に座って、小さな幸福をたくさん積みあげることにきめました。・・・」
いいですよね~。

「生命誌」という新しい知の体系を築かれた中村桂子さん。人間も自然にある生き物の一つ。だから多様性の中にあって人間だけが上から目線で自然を管理するのではなく、多様性を楽しむ「中から目線」で生きることが大事と説いておられます。地球を人間のエゴで利用し尽くしてはいけないと私は理解しました。
1936年生まれの著者は、1945年の終戦時は9歳。東京の家は空襲で焼けてしまったそうです。尋常ではない戦争がなぜ起こるのか。今も地球上で戦争は続いている。そして、武器拡大が今も進んでいる。戦争阻止のためには「ふつうのおんなの子の力」で考え続けることをしてほしいというのが著者のメッセージと私は受け止めました。

もともと、等身大で肌感覚でわかる仕事がいいなと思っていた私は、普通の人達の生活や暮らしの考え方を聞けるインタビューにはまりました。マーケティングといっても、あくまで企業目線ではなく、消費者(生活者)視点が面白く仕事を続けてきました。
ともすると企業の巨大な力に飲み込まれそうになることもありますが(笑)、2019年は、あらためて消費者(生活者)視点にたったマーケティングを意識したいと思っています。

Written by intervistatokyo

2018/12/25 at  

カテゴリー: Books

女子会(肉食系&草食系、どっちも楽しい)

先週金曜夜、女子6名で東新宿で「ガムジャタン」を食べに行きました。
カムジャタンはジャガイモと豚の骨付きの鍋で一瞬、ボリュームたっぷりに見えますが、骨からほろほろと取れる肉は柔らかくて見た目ほど重くないので、みんなでしっかり食べきりました(6人で2鍋)。締めのスープにご飯を入れたチャーハンというか雑炊みたいなものがまたおいしい!チチ”ミ、トッポギ、チャプチエも食べたので、お腹一杯で一次会終了。お店を出てもまだ夜は早く、旅気分で、韓国食材を買ってから2次会に突入。
2018-12-14 18.31.232018-12-14 19.15.15
2次会では、話がいろんな方向に。最初は仕事の話から、美容の話、そしてクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」(私も観ました)のこと、当時は何していた??とか、そこから夫婦の話に飛んだり、まあ、思い返すと良く喋って食べてパワフルな夜でした。

先週もう一つの別のランチ忘年会(女子会)は、表参道で「&ecle」というお店で。”クーリシャス”というお米と野菜のレシピが専門のお店で、私が選んだのは、黒米とタコとブロッコリーのクーリシャスでした。
草食系でも肉食系でも、いずれにしても女子会はおしゃべりがメインなので、沢山おしゃべり出来て楽しかった~。

2018-12-05 12.00.47

Written by intervistatokyo

2018/12/16 at  

カテゴリー: 行ってみました

オフィスの断捨離を少しずつ

ずっとしたいと思っていたオフィスのリフォームを来年計画しているので、まずは断捨離を始めました。
春にも一度断捨離したのですが、リフォームするとなると狭い空間なので、もっと断捨離しないとダメそう。
最近の書類は、デジタル化されていますが、古い書類は紙なので、これはもうあらためてデジタル化するまでもなく捨てるしかありません(デジタル化する労力と時間が無駄)。取捨選択するとなると「あ~このときは大変だったな~」とか思い出してしまって捨てられなくなりますので、心を鬼にして・・。
軍手にマスクをして、ワイヤレスのイヤフォンで音楽を聴きながら、気合を入れてバシバシと(しかし心はしみじみとしながら)捨てております。

ですが、28年に渡る(紙の)請求書ファイル、どうすればいいのだろう~と悩んでいます。最近のは会計ソフトに入れてデータ化しているのですが、以前のはとっておくべきなのか、、。会計士さんに聞いてみよう。
あらためて見ると、こんなに請求書発行したっけと思うくらいたくさんあって(金額は別として・・笑)我ながらびっくりです。経費の領収書もありますが、これは確か10年保管が義務ですよね。はあ~。
すっきり何もないオフィスを目指したいけれど、この調子だと結局そんなに簡単にいかないかも。。。

Written by intervistatokyo

2018/12/09 at  

カテゴリー: 気になりました

例年通り発送準備

この時期になるとお歳暮を注文したり、海外の家族に送るクリスマスプレゼントを用意するのが年中行事です。
生のもみの木の枝を夫が近所の花屋さんで買ってきてくれたので、それでお手軽なクリスマス飾りを作りました。
このサイズだと普通の飾りでは大きすぎるため、小さめの丸い飾りを見つけに表参道にあるデンマークの雑貨店(名前がいつも覚えられない・・あっ、「ソストレーネグレーネ」でした(^_^;))へ行って買ってきました。
ここの文具やクリスマスオーナメント、キッチン用品は北欧風でかわいいのに、びっくりするぐらいお手頃値段なので気軽に色々と買えちゃいます。
クリスマス用のラッピングペーパーもおしゃれなものが大サイズでも1枚150円ぐらいですので、今日は3枚ゲット。
家に帰って早速ラッピングし終えました。

今日の表参道の通りは、すごい人出でしたし、帰りに外苑前のイチョウをみてみたらようやく両側とも黄金色に色づいていて、こちらもやはり沢山の人で賑わっていました。

2018-12-02 17.39.58

Written by intervistatokyo

2018/12/01 at  

カテゴリー: 買ってみました