マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

映画”マックイーン”を観てきました

妹と姪と一緒に映画を観て食事をしようということで、ミッドタウン日比谷でドキュメンタリー映画「マックイーン~モードの反逆児」を観ました。
サヴィルロウのテーラーで仕立ての技術を学んでからジバンシーのデザイナーとなり、そこから怒涛の日々を過ごしていくアレキサンダー・マックイーン。
彼が作りあげるショーは、ファッションというよりも彼の内なる声を表出させる激しい総合芸術で、もう毎回がびっくり仰天のショー。
ネガティブな体験や思いをここまで芸術として昇華させるのは、身を削る作業だろうに年に14回もショーを作っていたなんて、激しすぎます。仕事しすぎでしょう~誰か止められなかったのかな~と思う私。
「働き方」として成功を背負うあまり自分を壊してしまうのは悲しすぎるよねと妹と姪とも話す。
そしてマックイーンのお母さんに対する思いが優しくて、そして2人の絆が切ない。
私としては、この映画で「ピアノ・レッスン」のマイケル・ナイマンが音楽を担当しているところがツボでした。
映画の後、色んな話をしながら、女3人でスペイン料理をいろいろ食べて、楽しかった~。
来週は、GW前に実施する調査のための準備です。

Written by intervistatokyo

2019/04/13 @  

カテゴリー: その他, 行ってみました