マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「観光亡国論」アレックス・カー&清野由美著を読みました

2019-04-17 10.38.09

長く同じ町に住んでいると、この変化はまずいなと思うことがあります。誰のための開発なのかと思うことが。
また、昨年秋に京都に行き錦市場の様子が変わってしまいびっくりしたこともあって、この本を手に取りました。
観光は、住んでいる人にとってプラスになるように「マネジメントし、コントロールする」ことが必要だと著者は、説いています。”オーバーキャパシティ”は避けなくてはならないですし、「数のツーリズム」ではなく「質のツーリズム」を追求すべきだそうです。
そのために、海外からクルージングで大型客船が小さい島(奄美のような)に押し寄せ、結局どこにでもあるようなショッピング施設が出来て、島の自然を破壊して、、利を得るのは、開発会社とクルージングを運営する国や企業だけになってしまうということがないようにと警鐘をならしています。
そのためには、観光エリアに入る人の数を制限したり、少し高めの料金を設定してうまく観光客の人数をコントロールすることも必要で、実際にそうしている国(イギリスやイタリア)や地域(石見銀山)の事例もあげています。
結局は住民が、自然の景観やその土地の大事なものを守っていけるように考えていかなくてはならない気がします。

Written by intervistatokyo

2019/04/21 @  

カテゴリー: Books