マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

吉田都さん引退公演”Last Dance”(新国立劇場オペラパレスにて)

2019-08-08 17.59.442019-08-09 13.36.04

来年9月から新国立劇場、舞踏部門の芸術監督の就任が決まっている吉田都さん。
現役バレリーナとしての引退記念の公演(私は8日の公演へ)。
英国ロイヤルバレエ団プリンシパルとして長年舞台にたたれ、その後も活躍されてきた吉田さんが、今日で引退、これが最後の舞台という時どんな気持ちで踊っておられるのか、その気持ちは想像もできませんが、一つ一つの踊りを眼に焼き付けました。
吉田都さんにとって思い出深い11の作品を、ご自身や後輩たちが踊るプログラム。
新国立劇場バレエ団からは小野絢子さん、福岡雄大さん、米澤唯さん、東京バレエ団からは秋元康臣さん、英国ロイヤル・バレエ団からはフェデリコ・ボネッリ、平野亮一さんなどなど、皆が吉田都さんの引退を惜しみつつ、今後の監督としてのご活躍を期待する皆の温かい思いのこもった舞台でした。
吉田さんの笑顔から、今日も踊ることが心からの喜びだということが伝わってきます。
最後の「ミラー・ウオーカーズ」の踊りを終え、舞台あいさつに何度も何度も出てこられる都さんをスタンディング・オベーションでみんなが喝采。今までありがとうと、これからも頑張ってくださいの拍手は鳴りやみませんでした。

Written by intervistatokyo

2019/08/08 @  

カテゴリー: バレエ