開発プロセスにおいてマーケティング・リサーチをどう活用するか

先週、メーカー様向けに開発プロセスにおいて、顧客(消費者)を理解することの重要性と、どのタイミングでどういったリサーチをしながら顧客(消費者)の声を聴き、開発していけばいいのかについて、座学とワークショップを行いました。
座学では管理職の方もご同席いただき、後半のワークショップは若手中心で実施しました。
今回は1回めキックオフ研修ですので、今回の結果を振り返ってから次回WSをどう深めていくか事業部の方と打ち合わせをする予定です。

毎週末、ラグビーワールドカップの試合があったので、終わってしまって少し残念。
ワールドカップを通してラグビーの精神が少し理解できましたし、ルールもテレビ画面右下に丁寧に書いてあったので(カタカナだったので戸惑う用語もあったけれど、、)わかりやすかったのと、おそらくものすごい台数のカメラからとった映像が迫力がありわかりやすいので、ラグビーの面白さを私のような”にわか応援者”であっても感じられたのだと思います。
それとラグビーは割と得点が入るので(日本代表も強かったので!)、そのたびに熱狂し盛り上がれました。
様々な工夫をしてラグビーの良さを伝えてきたラグビー関係者はさぞかし今回のワールドカップで、新たなファンが増えたことが嬉しかったと思いますし、何よりベスト8に初めてすすめたことで一生懸命練習し自らを鍛えてきた代表選手の人達の努力が報われて本当に良かったです。

今週は、ある製品の第三回目のユーザビリティ調査です。しっかり準備したいと思います。