マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 2月 2020

第4回目ワークショップの準備

次回のWSでは、ブレストを実施します。
第3回目のWSではターゲットに近い人達に個々人でヒアリングしてきてもらった結果をグループで共有しましたので、次回は、それらの人達を念頭において製品のアイデアをブレストします。
ワールド・カフェっぽく、メンバーを途中でシャッフルしてラウンド3まで行う予定です。
ブレスト用のアイデアを描くカラーペンを買ったり、付箋紙なども準備中。
当日どうやって運営していこうかなと考えています。
皆のアイデアが刺激を与えあって受粉して花が咲くように、創造的な時間を計画しなくては!
梅の花も、見頃。早くあたたかくなって新型コロナウイルスが落ち着いて欲しいものです。

2020-02-08 13.59.27

Written by intervistatokyo

2020/02/16 at  

カテゴリー: 研修

アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト2020 Bプロ

バレエ公演をオーチャードホールで観てきました。セルゲイ・ポルーニンを一度観てみたかったのでBプロで。
行ってみると、アリーナ・コジョカルが来日直前のリハーサルの怪我で負担の大きな作品に出られなくなったとのことで、演目4つが変更となり、出演者も変わっていました。

私としては、ハンブルクバレエ団のプリンシパル、菅井円加さんが代わりに出演されたので、わお~!
菅井円加さん、コンテンポラリーの「ヴァスラフ」も良かったですが、クラシックの「海賊」もバッチリ踊られてさすがです。お相手のキム・キミンもキレッキレでした。
円加さん、直前に出演が決まって遠くから飛んできて疲れておられるでしょうに、やぱりプロですね。
ダンサーは常にこういった急な要請にもこたえる準備をしていなくてはならないのですから大変です。

同じく、急きょ出演が決まったシュツットガルトバレエ団のプリンシパル、エリサ・バデネスも、フリーデマン・フォーゲルと踊った「モノ・リサ」が素晴らしかった!
エディット・ピアフの歌声で踊る「エディット」世界初演も、ナンシー・オスバルデストンがピアフの雰囲気出していて良かった。
「ABC」も去年初演の作品だそうですが、面白い!アルファベット順にバレエにまつわる動きが連続して登場、ユーモアあふれる繋がりで思わず笑ってしまうんです。
そして最後のセルゲイ・ポルーニンとアリーナ・コジョカルの「マルグリットとアルマン」。
アリーナ・コジョカルは、大丈夫なのかな~と最初心配しながら観ていましたが、後半は気になりませんでした。
セルゲイ・ポルーニンはやはり素晴らしかった。彼の演技と雰囲気に感動!

Written by intervistatokyo

2020/02/09 at  

カテゴリー: バレエ

ネマニャ・ラドゥロヴィチのヴァイオリン演奏会

2020-02-01 19.58.38
ネマニャの大ファンの友人が、今回の日本ツアーのチケットを複数日取っていたのですが、今日のコンサートに行けなくなってしまったため、急きょチケットを譲っていただいて東京芸術劇場(池袋)に行ってきました。
前から4列目!うわ~近い。
読売日本交響楽団との演奏会で、今日は「ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲」でした。
厚底のブーツにピッタリのパンツとジャケット、そして結んだヘアスタイルが個性的!
演奏が始まると、もう目が離せませんでした。
管楽器のパートの人の方を向いて後ろ向きで演奏したり、第一ヴァイオリンのコンサートマスターににこやかにアイコンタクトをとったり、まるでオケと語り合うような演奏で、楽しい!
時に足をふみならしながら情熱的に奏でたり、かと思うととても繊細な内面を感じたり。
そしてこの曲、超速の超絶技巧の連続だと思うのですが、いとも簡単に奏でているように見えるのがまたすごい。

彼女から話には聞いていたけれど想像以上にすごかったです。
演奏では饒舌に歌って語っているようなのに、いったん演奏が終わるとものすごくシャイで控えめな感じ。
そのギャップがとてもチャーミングでした。
アンコールはバッハの「無伴奏バイオリン、パルティータ」だったのですが、これがまた良かったですよ~。

Written by intervistatokyo

2020/02/01 at  

カテゴリー: 行ってみました