マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト2020 Bプロ

バレエ公演をオーチャードホールで観てきました。セルゲイ・ポルーニンを一度観てみたかったのでBプロで。
行ってみると、アリーナ・コジョカルが来日直前のリハーサルの怪我で負担の大きな作品に出られなくなったとのことで、演目4つが変更となり、出演者も変わっていました。

私としては、ハンブルクバレエ団のプリンシパル、菅井円加さんが代わりに出演されたので、わお~!
菅井円加さん、コンテンポラリーの「ヴァスラフ」も良かったですが、クラシックの「海賊」もバッチリ踊られてさすがです。お相手のキム・キミンもキレッキレでした。
円加さん、直前に出演が決まって遠くから飛んできて疲れておられるでしょうに、やぱりプロですね。
ダンサーは常にこういった急な要請にもこたえる準備をしていなくてはならないのですから大変です。

同じく、急きょ出演が決まったシュツットガルトバレエ団のプリンシパル、エリサ・バデネスも、フリーデマン・フォーゲルと踊った「モノ・リサ」が素晴らしかった!
エディット・ピアフの歌声で踊る「エディット」世界初演も、ナンシー・オスバルデストンがピアフの雰囲気出していて良かった。
「ABC」も去年初演の作品だそうですが、面白い!アルファベット順にバレエにまつわる動きが連続して登場、ユーモアあふれる繋がりで思わず笑ってしまうんです。
そして最後のセルゲイ・ポルーニンとアリーナ・コジョカルの「マルグリットとアルマン」。
アリーナ・コジョカルは、大丈夫なのかな~と最初心配しながら観ていましたが、後半は気になりませんでした。
セルゲイ・ポルーニンはやはり素晴らしかった。彼の演技と雰囲気に感動!

Written by intervistatokyo

2020/02/09 @  

カテゴリー: バレエ