新型コロナ禍での行動変容

今週末は、小売り施設がほとんど閉まっておりゴーストタウンのようでした。
スーパーでも、レジ前ではやっと間隔をあけて待つようになりました。
食品の買い物中に感染してはいけないので、パッと買って帰るようになりました。

家で夫と2人でキッチンにたっての食事の準備もだいぶんコツがわかってきました。
分担をはっきりと分けるということ。お互いの担当のものを好きなように作るということが大事(やり方を尊重)。
スーパーにもよく一緒に行くようになって、あそこではこれが売っているけれど、ここにはないなど夫ともそんな食品周りの会話がこれまで以上に増えました。人間慣れていくもんですね。

身体を動かすことについては、今だ課題。筋トレってなかなか1人でできないな~。
友人がおうちトレーニングの動画を送ってくれたり、バレエの先生がインスタでトレーニングを公開しているので、それを参考にして独自のゆるい筋トレメニューをこなしたい(笑)と思います。

メルカリは、3品を販売完了し、あと4品出品中。ビギナーなので、YouTubeでメルカリ対策動画など観ながらこわごわ試しています。徐々にコツを学んでいます。楽しみながら進めたいところ。

友人が送ってくれたジョンズ・ホプキンズ大学感染症専門の教授がまとめた情報に、新型コロナは、プラスチックで72時間生き残るとありました。金属は42時間、段ボールは24時間、銅と木は4時間、生地は3時間。
この地球上にプラスチック製品が多すぎるから、新型コロナの戦略としては、いい戦略とも言えますね。
多くのスーパーの袋も有料となり、マイバッグ必携で、コロナ対策。
これを機に食品のトレイもそろそろ減らしていただきたいところですね~。