ビデオ会議で視線が合わない

これまで得意先の関西勤務の方や、海外支社勤務の方々とのミーティングの際には私が得意先本社に行きそこで得意先が契約している企業向けビデオカンファレンス用のシステムを使ってミーティングしていました(テレビ画面の上にwebカメラがついており、手元にマイクがあってそれに向かってしゃべるシステムです)。
今後自宅でテレワークをしている複数か所の人達とつながる場合には、それぞれがパソコンを使ってテレビ会議に参加となります。そこで、ZOOMをまず使ってみました。

ビデオ会議システムの仕様や画面設定にもよると思いますが、会話の途中で自分の顔や表情が画面上で大きく見えるというのはどうにも居心地が悪いものですね。
リアルの会話では自分の顔は決して見えません。だから自分がどう反応しているか、は考えなくても済みます。
でも自分の顔が見えてしまうとついつい、「なんか疲れてる?」や「もっと違う反応した方がいいのか」などあれこれ考えてしまいます。自分の顔は見えない設定(があれば)にした方が良さそう。

さらに、ノートパソコンのカメラを使ってのビデオ会議では、会話中、相手と視線がバッチリ合いません(PCのカメラ位置が上でカメラよりも下の画面の相手の顔をみながら話し、カメラを見ないから視線のずれがおこります)。
会議であれば音声コンテンツ重視なのでさほど気にならないでしょうが、インタビューで相手の表情を見ながら話したいと思う場合、気になりそう。
とここまで書いて、ググってみたら視線不一致についての関連研究論文が出てきました!
さらに目線が合うシステムの開発もすでにありました。良かった。徐々に改善されたらいいなと思います。