自主企画でオンライン・デプスインタビューをしてみました

今週、自主企画で、オンラインのデプスインタビューをZOOMで実施した感想。
1対1であれば、リアルと同じようにできるように思いました。良い点としては、おうちでのインタビューでしたので、家にあるものであれば実際に画面の前で見せてもらいながら話をすすめられるので、聴いている側としては、リアルな生活場面や製品の使用実態がわかっていいなと思います。

木曜日のアスマークのウエビナーでオンラインインタビューの注意点について聴講しましたが、オンラインでのデプスは特に使用現場などを探るエスノグラフィーにもっとも向いているということ、また出現率の少ない対象者であっても、エリアを問わず(首都圏に限らず)呼べますし、忙しい人や外出しづらい人でもオンラインであれば参加してもらえるのも良い点。そしてオンラインでのフォーカスグループインタビューについては、リアルのインタビューよりも少な目の3名から4名ぐらいで行うのが対象者みんなが参加できて、ストレスなくできる人数だということでした。

また、スムーズに途切れず話ができるかどうかは、相手のIT環境に依存するところが大きいため、接続の事前確認は必ずしなければならないとのこと。
3日前ぐらいには当日と同じデバイス、当日使う予定の部屋でのチェックをすることが大事で、それによってシステムにちゃんと入れるか、ネット接続状態や部屋の環境なども確かめられるので当日の運営がスムーズになるとのこと。

さらに今回私は、自分でインタビューした際、音声の聞こえやすさを優先してパソコンにイヤフォンをつけてiPhoneで録音してみましたが、聴きなおしてみると自分の声だけしか入っておらず、焦りました。
そこで、インタビュー記録のプロに後で聞いてみると、オンラインの場合は、まずパソコンとICレコーダーを先に繋いで録音し、ICレコーダーからイヤフォンで聞きながらメモしているとのこと、それはそうだ!こんなこともうっかりしていました。
録画についてもZOOMの場合、クラウド上で録画したファイルが1Gを超えてしまうと開けなくなる(追加費用が発生)ので、そこも注意が必要です。今回は友人がZOOMのホストを受け持ってくれたので、なんとか無事にクラウド上でのファイルが見れました。インタビューのための準備はこれまで慣れていますが、IT機器やシステムに慣れるという意味で経験が必要そうです、もう少しこれから色々試してみたいと思います。

今週末は、非常事態宣言の解除後初の週末でしたが、まだ怖くて人混みの街には行けずじまい。
写真は、散歩の途中で見かけた額紫陽花(がくあじさい)と金糸梅(きんしばい)です。

2020-05-30 13.37.082020-05-30 13.59.07