再びオンライン・インタビュー(自主企画)

先週の学びもあって、再試行しました、オンライン・インタビュー。
今度は、録画録音ファイルはローカルに保存し、対象者の方だけが写るようにビデオも固定。
カメラ位置を高くするため、ノートパソコンの下に本を置いて目線も合わせて。
画面共有しながら、話をする場合には、事前にファイルをあけておき、すぐに見せられるように、、、などなど。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、学校はまだ分散登校なので、お母さんたちにとっては日常に戻ったとは言えませんが、それでも完全自粛の時と買い物や食事などでどんな変化があったかが聞けて有意義なインタビューでした。

完全自粛で家族全員が家にいる時のオンラインインタビューと、解除後の家族がいない時間帯のオンラインインタビューではお母さんのリラックス度も少し違う気がしました。リモートワークで例えば2人ビデオ会議や授業を同時にするとなると、家族との調整も必要で(空間やITデバイス)、そういった意味でも話しやすい環境で話しているのか、家族を気にせず話せているのか、によって回答の内容も違ってくる気がしました。
ということは、対象者にとっては家族から離れたオフサイトで話した方がいい話題もあるわけで、オンライン・インタビューにするのか、対面でのインタビューがいいのかは、テーマによって使い分けが必要。
エスノグラフィーとして冷蔵庫や家にあるものを見せてもらいながら聞くのがオンラインは最適という気がしました。

今は、オンラインでインタビューするしかないので、仕方ないですが、、対面でのインタビューが懐かしいです。

写真はどれも散歩途中で見かけた花々、トケイソウ(左)とアカンサス(中央)とカルミア(右)。開花したばかりの時って、思わず写真を撮りたくなるような、力強さとエネルギーを感じますね。

2020-06-03 13.09.192020-06-04 14.16.592020-05-10 13.03.56