オンライン・インタビュー(夜の回)は、自宅から実施

来週実施予定の商品開発のための企業内ワークショップ用の定性情報として、オンラインインタビューを実施しました。
夜のインタビューでしたので、迷いましたが、今回は事務所ではなく自宅から実施。もちろん対象者の方も自宅から。
自宅の一部スペースをweb会議用に片づけて、明るく、背景が壁になる場所を見つけて、回線安定のためノートパソコンを念のためLANケーブルでセッティング。家の中の音も聞こえないように、家族にも協力してもらいドアもしめてスタンバイ。事前にテストもして、これで、うまくいきました!
終了後インタビュー会場から自宅への移動時間もないので、負担が減って助かります。
これまで自粛中のオンライン筋トレレッスンで使っていたスペースですが、今後夜のインタビューは、ここでいいなあ~と思えました。

オンラインインタビュー方式にも少しずつ慣れて来ましたが、システム自体にはまだ慣れていないので、事前のチェックが欠かせません。対象者の方がちゃんと入室できるか、途中で途切れないか、音質はいいか、画面共有する場合の素材ファイルはデスクトップに出して準備しているか、などITが土台になっているので、その土台がちゃんとしているかにまだ気をとられています、もう少しで慣れてくるでしょうか。
今は、これでやっていくしかないですね。

東京の感染者が増えており、ますます気をつけなくてはなりません。自衛するしかないなという心境。
そもそも、コロナが人類に警鐘ならしている気がします。
爆発的に増えた人口、食料不足、環境に負荷をかけて作った人間中心の暮らし、自然界にいる野生動物に近づきすぎたこと、などなど私でも想像できる良くないことがたまりにたまってこうなってしまった気がします。
人類はものすごい課題を叩きつけられている気がします。簡単には終息しないですね、これは。。。