インタビュー対象者候補選びの作業は、神経を使います

先週は9月末実施のオンラインデプス・インタビューのための応募をwebで行い、そこから対象者候選びをしました。
Excelデータの小さい数字を私はガンガンにフォント拡大して(笑)、メガネをかけてにらめっこし、得意先担当者の方とやっと8名の第一候補から、予備の第三候補まで選びました。毎回、この人選にはかなり神経を使います。
というのは、デプス・インタビューは特に対象者の質がとても大事。
選ぶ人によってその1時間の濃さがまったく異なります。
インタビュー目的に合っている人か、さらには、回答していることが信じられるかなど多面的に判断します。
自由回答形式による製品の愛用理由や購入理由などの設問は、かならず入れるようにしています。その人独自の言葉で書かれている自由な回答ですので、その記載からどういう人なのかを想像しながら選べます。製品のロイヤリティなどもわかります。心理を想像しながら、さながら刑事のように選んでいる感じです。

また、先週は前回8月の研修で発案された10の新製品のアイデア・スクリーニングテスト(定量)を実施しましたので、その結果を分析し、今週の研修DAY7に向けてグラフ化しスライドを準備しました。
Excelデータとグラフとにらめっこ。。。アイデアを発案した人達はそれぞれ熱い思いがあるので、ここから3つのアイデアを選んで次に進むため、私たち事務局も、真剣に分析しました。
次のコンセプトテストに進む3つのアイデアもほぼ決まりました。

15日の研修で10月末の次の研修に向けて、参加される皆さまがテンションを落とさず進んでいただけるよう、ワークショップを運営したいと思っています。

アイデア・テスト。そして、コンセプトテストへ

8月のワークショップで新製品のアイデア出しをし、各チームのアイデアを来週、簡易版定量テストにかけて選抜することになっています。
前回のワークショップ後、各自考えたアイデアを再考し、文章化してもらって、本日やっと全案が完了。
今回はある属性のターゲットの特定オケージョンにおける食品コンセプトなので、求められているニーズも明確。
簡易版テストをしてから、次回ワークショップ後に選抜したアイデアのさらなるコンセプトテストを行います。

先週末、夏休みで八ヶ岳南麓でゴルフをしてきました。大きな空の下、きれいな空気のもとでのゴルフは大変気分転換になりました。しかし今年の八ヶ岳南麓は湿度が増した気がします。いつもはもう少し涼しく爽やかなのですが、、。
気候変動のせいかと、また気になってきています。夕方、人の顔みたいな面白い雲を見つけました。

2020-08-29 16.03.24