オンラインでデプスインタビュー8名実施

今週は、ヘビーユーザー(ファン)の人に製品価値を探るインタビューを1人70分ずつ行いました。
ファンにとっては、その製品はそれぞれのニーズを解決するものになっていて、製品評価もかなり高く、製品のコアな価値が明確になりました。web応募で、厳選して選んだ甲斐がありました。

しかしながら、オンラインでのインタビューでは、若い人はすんなりログインしてこられましたが、60代の方2人ともに苦戦されました。アスマークの接続のトラブル担当の方もかなり苦労されたことと思います、事前の接続テストではちゃんとつながったのに、本番で違うデバイスで試したり、追加でwebカメラを取り付けてみたりしたことで結局うち1人は30分たってもログインできず、声も聞こえないため、日をあらため、翌々日に別の方で実施しましたが、その方も当初音声がなかなか繋がらず、どうなることかと思いました。

アスマークのプラットフォームでは、バックルームで観察するクライアント同士がチャットしたり、モデレーターへも質問をチャットで伝えることが出来、最初はモデレーション中は私はチャットを見る余裕があるかどうか、、と思っていましたが、インタビューしながら、クライアントの反応や疑問を逐次見ながらインタビューを行うことが出来たのは、私自身、意外でした。チャットを見ることで、深く掘り下げないところはさらっと、ここは聴きたいさらに掘り下げて欲しいという反応を見ながらできたように思います。

また今回は、初日に4名を行い、2日目に4名実施後のデブリーフィングをまず行い、その上で追加質問などの調整もしてから3日目に残りの4名を実施するという新しいパターンにしたところ、これがなかなか好評でした。
いっきに実査するよりも、余裕をもって確実に進められ、かつ対象者の記憶も残りやすかったと思います。
全体としての結果もわかりやすく、気づきも多かったので、シンプルにサマリーを作成することが出来そうです。