ターゲットの悩みと社会課題にこたえる製品にするために

先週、ホームユース後のデプスインタビューを行いましたが、熱気を帯びた数々のお話に圧倒されました。
発言録を作ってくださった社内の方までもが、圧倒されて懸命に書き起こしましたとおっしゃっていたくらい、伝わってくるものがありました。
今回は調査会社のリクルーティングではなくwebのとあるプラットフォームで協力してくださる方を応募したルートと、クライアント独自の協力者ルートの2つでした。
対象者のお話を伺っていて”本当にがんばっている”、”なんとかしてあげたい”と感じるような方々ばかりで、やはりインタビューで詳しく聞いてみないことには、日記調査の内容だけではわからないことだらけでした。

今回の製品(&サービス)コンセプトは社会課題の解決につながるものですので、なんとか今回得た定性情報をもとに製品力をブラッシュアップして、ターゲットの悩みを解決できるようなものにしなくてはという気持ちになりました。
まずは明日、デブリーフィングをしっかりとして、インタビューを聞かれた方々全員が感じたことを共有し、プロジェクト責任者の方が迷いなく確信をもって社内でプレゼンし説得できるよう、結論をまとめたいと思います。