オンライン・グループ・インタビューで気づいたこと

昨日と今日で4グループ、インタビューを行いましたので、その感想です。
オンラインですので3名インタビューで実施。時間制約上でも皆が集中してできるという意味でも3名が適正だと思いました。他にも3つほど気づきがありました。

1)画面共有で見てもらう提示物と手元で見てもらうもの
先週ブログでも書いたように、文字情報が多いものは事前に提示物を送っておいて当日開封してみてもらって正解でした。画面共有では3名が好きな時に見直せないので、今回コンセプトは印刷したものを手元で見てもらいつつ、複数パッケージ案などは画面共有で見てもらいました。もちろん資料は返信用封筒に入れて返却してもらいます。

2)グループ・ダイナミクスは可能か
初日は、フローに追われていましたが、掘り下げるポイントが明確になった2日目は、より自発的に発言してもらうよう促したところ、オンラインでも話題の共有感覚は得られた感じです。
やはり、リアルでの場を同じくしてのダイナミクスとは異なりますが、それでもある程度は可能だと感じられました。
1人ずつ聞いていくときと、皆に問いを投げかけてグループダイナミクスを促す時の使い分けをすることが大事。

3)身振り手振りを使ってパッと見てわかるようにする
買いたい気持ちはありますか?5段階評価のどこですか?などを聞いて、その結果を教えてもらう時、1人ずつ聞いていくよりも、全員が一斉に手で番号を示してもらうやり方を試してみました。オンラインでは、身振り手振りで伝えてもらう方が集中力も持続しますし、背景で観察している人にも一目でわかってもらえていいかも・・と思いました。