自由回答の分析とブルーライト遮断メガネ

サンプル数40名のホームユーステストのweb調査の結果が先週出てきたので、分担して分析しはじめています。
選択肢のある回答は問題なくグラフ化できるのですが、問題は自由回答です。
今回自由回答を沢山入れたので、原始的な方法ですが目で見て分析中。テキストマイニングツールでも試したけれど、あまり有効な分析になっていなかったので、結局発言を分析軸の属性で仕分けしてみていくことにしています。男女別や家族構成別などで。

今週はかなりの時間、パソコンに向かうと思ったので、昨日ブルーライトをカットするメガネ(度なし)を購入!
このメガネ、ビデオ会議の時にも使えそうで、いいかなと思って。
これまで自分が話す時の顔を見ることはなかったのに、コロナ禍ビデオ会議が多くなるごとに、自分の顔をカメラごしにみて、私ってこういう風に見えていたのか!とギョッとなったのです。たるんでる~、皺もまた増えた~。
そこで時にはビデオ会議時、メガネで誤魔化そうかなとかたくらんだわけです。
コロナ禍マスクを長時間しているので、なおさら顔がたるんでしまった気がします(マスクのせいにしている私)。
人は全く気にしていないと思いますが、これって全く自分だけの問題(笑)
さて明日から3月です、顔のたるみ予防のためにも早く人と会って食事したりしたいものですよね。