オンライン・インタビューならではの準備(忘備録として)

先週末8名のデプス・インタビューを終え、ZOOMの操作上での気づきを、今後のためにメモしておきます。

1)クライアントやモデレーター、書記は、開始15分前位までに待機室に入って、ホスト(事務局)に許可してもらう。対象者は、10分前位に入室してもらう(遅れる方もおられるし、早く入室いただけたら早めに始められるため)。

2)画面共有するパワーポイントのスライドはスライドショーの設定を全画面ではなく(発表者としてではなく)、「出席者として閲覧する」に設定する(全画面にならないので対象者の顔が画面共有時にもそのまま見えます)。

3)チャット画面もZOOMの設定で「飛び出る」という設定にしておくと画面共有の時もチャット画面が見れます(この設定に途中で気づきました)。

4)ホスト(事務局)は、各クライアントからのチャットをいったんまとめて受けるようにして、それをモデレーターに送りなおす。チャットが対象者には見えないように設定しておく。

5)事務局は、ビデオ無し&ミュートでインタビューを視聴するクライアント画面が出ないように「ビデオなしの人を非表示」に設定しておく、またクライアントの名前も入室後に記号などに変える(これは別のブレイクアウトルームを作るなど他の方法もあるかもしれません・・)。

6)事前課題などインタビュー中に見ながら、深堀する点は、あらかじめ印刷して手もとにおいておくか、枚数が多ければiPadを手元におきすぐにその対象者の課題がみれるように用意しておく(今回はそうしました)。

これ以外にも事務局は、対象者の見えている画面を念のために対象者に入室直後に確認してもらったり(クライアントが見えていないかチェック)、前もって対象者宅からの接続テストをしたり、直後のデブリーフィング時のURLはインタビューのURLとは分けて設定しクライアントにも連絡しておくなど、オンラインの場合、またまだ沢山やるべきことがあります。

評価してもらいたいコンセプトなどを画面共有する場合、スマホしかない対象者にはiPadを貸し出さなくてはならないケースもあります。

今回は土日のデプス・インタビューでしたので、事務所そばの工事現場の音など邪魔にならなくていいな~と安心していたのですが、なぜかよりによって土曜に廊下の不定期な清掃がはじまり、掃除する音が響き始め、とても焦りました。なんとか音声に支障はなかったようですが、今後はそういったことも事前に確認しておかなくてはと思いました。
まだ慣れないオンラインでのインタビューです。