オンラインでもできる職種で良かった

今週は、2日と4日にクライアントと共にオンライン・デプス・インタビューを実施。1日、間をあけているのは、初日の結果を少し振り返る時間があると、2日目のインタビュー内容を修正できるのでそのようにしています。
今回は、市場に既にある製品のロイヤリティによって分けた3セグメント層にインタビューをして、商品の魅力をあらためて確認し、どの層に何を伝えることが必要か、また製品の今後の展開の参考情報を得ることが目的です。

時間は1人あたり75分を設定。60分ですと足りないですし、追加での質問なども想定し多少延びても90分以内におさめたいためです。今回の情報収集でブランド担当の方にとってできるだけ有益な情報が得られるようにしたいです。

緊急事態宣言がまた延長されましたが、私はオンラインでも可能な職種であることに感謝しています。
飲食店や映画館、舞台関係、旅行業界、航空業界の人など先行きに悲観的になってしまう人も多いと思います。いち消費者としては応援したいので、オンラインでも舞台を観たり、飲食店もテイクアウトしたりはしていますが、それもほんの微力。コロナ終息後は旅行もぜひしたいですが、今はひたすら我慢です。そして、医療従事者や介護従事の方々、エッセンシャルワーカーの人達には感謝しかありません。そんな市井の人々の気持ちを理解しているとは全く思えない政府のこれまでのコロナ対策やその他の態度に、不信感が増すばかりです。

家からのオンラインでもマスク?

先日行ったオンラインでのグループ・インタビューで3名のうち1名がマスクをしているグループが2つもありました。2人とも20代の女性でしたが、家からの参加だし、オンラインだからマスク外して参加してほしいな~、でも事情を聞いてからにしようと思い、「最近は、家でもマスクしておられるのですか~?」と聞いてみると、一人は、顔に吹き出物か何かができてひどいので今日はマスクをしたいという理由。もう一人は、お化粧していないので、今日はマスクで出席したいとのこと。
あまり無理は言えませんので、そのままで進行しました。2人とも、積極的に意見を言ってくださったし、いいヒントにつながることも言ってくださったので、まったく問題はなかったのですが、やっぱり口元って表情がわかるので、見たいですよね。このコロナ禍、毎日マスクしているから、かえって顔を見せることに抵抗感が増しているのでしょうか?
たまたまだったかもしれませんが、ちょっと気になってしまいました。

今週は、6月実施のインタビューの対象者選び(これが悩ましい)や、フローの作成、また別のホームユーステストの調査票の作成などを進行します。

オンラインでの3名グループ・インタビューを実施して

この土日は、フルタイムワーカー対象の調査で私はモデレーションを担当しました。
2日間で4グループ実施し、本日終了。ほっといたしました~。
3名がオンラインで同時に発話して頻繁にハウリングしてしまったら、どうしようなどと少しだけ心配していましたが、皆さん手をあげて下さったり、譲り合ったりでそこは大丈夫でした。私もできるだけ、うなづいたり、手を使ったりして話を進めました。

得意先企業の方々も、色んな部署の方が10名近く参加して話を聞いておられました。ターゲットに向けてコンセプトを見てもらい、ブラッシュアップにつながるヒントを探し、パッケージ・デザイン案の主な方向性を絞ることが調査目的でしたので、盛りだくさんで90分という予定時間内に聴き取れず伸びてしまったことは申し訳なかったのですが、どうしても聞きたいことだらけで時間が延長してしまいました。ごめんなさい~。
オンラインでも提示物など色々ある場合には、2時間も今後は可能ではないかと思いました。対象者の方々もずっと集中して話して下さり、はっとするような発見がいくつもありました。ご参加いただいた方々に感謝です。

観察した方々からのチャットでの追加質問を見ながら、モデレーションしていくのも慣れてきました。聞いている人が疑問に思うことをその場で追加質問して確認できることはいいことだと思いますので、これは引き続き活用。
リアル座談会との差で困るのは、リアルの座談会の場合は座る位置が固定なので、手元の座席リストと見比べやすいのですが、オンラインの場合、対象者の顔の画面位置が変わるので、手元の座席リストへのメモが取りづらいのです。一瞬ではあるのですが、迷う。きっと書記さんも大変なんじゃないかなと想像しています。
ともあれ、3名でしたら、なんとかグループでも今後もできそうです。

売り場の観察

今日は休みですが、今週の仕事のために見ておいた方がよさそうな製品群の下見でスーパーを3~4軒、見て廻りました。怪しまれないように、ちゃんとカゴも持って買い物もしながら該当する売り場を複数見てきました。
スーパーの業態によっても違いますが、売り場は変わるので前回見ていても違う商品が沢山出ていたり、コーナーの作り方が変わっていたりするので見ておいて正解。試食しておいた方が良さそうなものも買えました。
何年も前ですが、全国展開しているあるスーパーの調査で札幌、宮城、埼玉、群馬、名古屋、京都、奈良、大阪、福岡の地場の競合のスーパーをまわり、その店を使っているユーザーの人達にインタビューをしました。そのときの知見が今でもとても役立っています。この調査で2年間で100人ぐらいの人にデプスインタビューしたと記憶しています。

今週は、12日に研修(DAY2)と、15,16日にオンライン・グループインタビュー。そして我が家の突然壊れた給湯器の工事も無理やり予定に入れています。冷蔵庫の次に給湯器まで壊れるとは・・・。今回取り換えたら、次回買い替える時は、15年後か20年後か?またまた、そのときの自分の年齢を考えてぞっとしてしまいました・・とほほ。
ワクチン接種はまだまだずっと先のようですし、引き続き、医療関係者の方に迷惑をかけないよう自己管理しながら過ごすしかありません。

緊急事態宣言下でのGW

GWもあと1日。色々な用事(出産のお祝い購入、誕生日プレゼント購入など)を済ませて、オンラインでピラティスレッスンやゴルフの練習をしたりしていたら、あちこち筋肉痛になって、あっという間にGWは終わりそうです。
友人からのお薦めで電子書籍で購入していたカズオ・イシグロ著「クララとお日さま」も読めました。主人公クララの純粋な優しさ、そして任務を遂げた時の寂しさが切ないですが、美しいです。お日さまがとても身近な存在なので、クララの気持ちに寄り添えてしまうのも巧みな構成です。遺伝子操作や、環境破壊などを暗示する記述もあって、人間の愚かなふるまいにも警鐘をならしています。著者の別の作品(「日の名残り」と「私を離さないで」は読了しているのでそれ以外)も読みたくなりました。
また吉田都監督率いる新国立劇場バレエ団の「コッペリア」がGW中、全公演無料ライブ配信されていますので、それも楽しんでいます。各日違う配役で観られますので、贅沢ですね~。遠い席だと見づらい表情なども大きく映してくれているので、コロナ禍では、ライブ配信もいいですね。

GWが終わると12日には、第二回目の研修が待っていますので、その準備をします。その週末(インタビュー対象者がフルタイムワーカーなので週末に実施)には、別調査案件でオンラインでのグループ・インタビューも待っていますので、インタビュー・フローを完成させなくてはなりません。すぐにバタバタしますので、今のうちにゆっくりしたいと思います。