緊急事態宣言下でのGW

GWもあと1日。色々な用事(出産のお祝い購入、誕生日プレゼント購入など)を済ませて、オンラインでピラティスレッスンやゴルフの練習をしたりしていたら、あちこち筋肉痛になって、あっという間にGWは終わりそうです。
友人からのお薦めで電子書籍で購入していたカズオ・イシグロ著「クララとお日さま」も読めました。主人公クララの純粋な優しさ、そして任務を遂げた時の寂しさが切ないですが、美しいです。お日さまがとても身近な存在なので、クララの気持ちに寄り添えてしまうのも巧みな構成です。遺伝子操作や、環境破壊などを暗示する記述もあって、人間の愚かなふるまいにも警鐘をならしています。著者の別の作品(「日の名残り」と「私を離さないで」は読了しているのでそれ以外)も読みたくなりました。
また吉田都監督率いる新国立劇場バレエ団の「コッペリア」がGW中、全公演無料ライブ配信されていますので、それも楽しんでいます。各日違う配役で観られますので、贅沢ですね~。遠い席だと見づらい表情なども大きく映してくれているので、コロナ禍では、ライブ配信もいいですね。

GWが終わると12日には、第二回目の研修が待っていますので、その準備をします。その週末(インタビュー対象者がフルタイムワーカーなので週末に実施)には、別調査案件でオンラインでのグループ・インタビューも待っていますので、インタビュー・フローを完成させなくてはなりません。すぐにバタバタしますので、今のうちにゆっくりしたいと思います。