ワクチン接種会場で

今週、1回目のワクチン接種を終えました。翌日午前中位までは腕が痛かったのですが、熱も出ず頭痛も出なかったのでほっとしました。2回目はどうなるかわかりませんが、少し気が楽に。

接種会場では接種後15分、タイマーを渡されてまっていました。その間、皆思い思いに過ごしていたのですが15分がたつと今度は1回目接種の証明シールのようなものを渡され、2回目の予約でした。その会場では1台しか予約確認のパソコンがなく、私の前の人は2回目は違う会場になってしまうことを告げられて慌ててしまい、”どういうことなんだ!”と文句を言い出しそこでスムーズだった列が詰まってしまいました。
私はすでに2回目の予約は自宅からの電話で済ませていたので会場が変わることも知っていましたが、もしもその場で同じ会場で予定していた日に受けられないなど言われると少しは焦るでしょうし、もっと高齢の方は判断がしにくいのかもしれないとも想像できました。
会場によってはもっとパソコンも多いかもしれませんし、それぞれ工夫しているでしょうが、15分待っている間に、今から2回目に接種できる会場はこことここ、ここは中止になりましたなどアップデートした一覧表を配る、あるいは、モニターで見せるなどして心の準備をしておいてもらえば、スムーズに進むのでは?と素人ながら家に戻ってから怒っていた人のことも考えて解決方法を考えたりしていました。デルタ株に効果大のワクチンは3回接種しなくてはならないとも聞きますし、この先、ワクチン接種を何回もすることになるのであれば、予約方法含めてどんどん改善していかないとだめですね。

来週は、第4回目の研修(ワークショップ)です。コンセプト・テストの結果から買ってみたいと回答した人の理由(自由回答)をターゲットの気持ちになって読み込んでいるところです。どんな製品だったらよろこばれるか。
買いたい理由(自由回答)には、それを想像するための情報が詰まっているので、興味しんしんです。
この先、パッケージでその魅力が伝えられないと買ってもらえないので、パッケージに落とし込む要素を決めるためにも、その製品の複数ある魅力(価値)のうち、何を強く伝えるか、優先順位を見極めることが重要です。