やっと夏休み

先週の第5回目研修でいったん今年の全員集合型での研修は完了し、これからは改良した個別コンセプトごとに試作品の調査へと進みます。
ということで、ひと息ついた感もあって、迷いましたがこの週末は車で久しぶりに八ヶ岳南麓にやってきました。
2021-08-28 19.17.21-12021-08-29 14.21.37
写真は昨日DIYの道具を買いに行った地元ホームセンターからの帰り道くっきりみえた南麓からの八ヶ岳。白い花が咲いているそば畑も季節の風景です。夜は、夫が七輪でプチBBQ調理。暑さを逃れてリフレッシュできました。

調査対象者をどう設定するか

今週水曜に、第5回目の研修を実施します。
新製品の開発プロセスにおいて、コンセプトのブラッシュアップ、試作品のテスト、パッケージ調査をするにあたって、どのように調査対象者を設定したらいいのかについて、講義します。そして、前回の研修でテストしたコンセプトごとのベンチマーク製品を再度練り直し、調査対象者として選びたい人についてワークショップで考えます。

すでに市場にローンチしている製品の調査であれば、該当するカテゴリーのユーザーから自社製品のユーザーを選び、かつ競合製品のユーザーにも聴けば、現状認識や課題の確認ができますが、まだ市場に確立したカテゴリーがないような領域を狙う新製品ですと、そこが簡単ではありませんので、いくつか仮説をたてて、対象者を選ぶことで確認ができるようにします。

それにしても、コロナ感染者のための病床は逼迫。自宅療養している人はどんなにか不安だろうかと思います。私の周りでこの半年で3人、コロナのこの状況で出産した親戚や友人がいますが、話を聴くととても大変だったようです。早くこんな状況から脱したいですが、抜け出す道筋が見えませんね。。。

第16回世界バレエ・フェスティバル@東京文化会館

2021-08-14 13.08.10
劇場でのバレエ鑑賞、久しぶりです。大事に持っていたチケットを無駄にしたくなかったのでかなり悩みましたが、2枚重ねのマスクで昨日上野へ行って参りました。コロナ禍で会場では「禁ブラボー」令が出ており、皆さん黙って拍手で讃えていました。

3年に一回、世界中のトップクラスのバレリーナが出演するこのバレエフェスティバル、私は4回目(2009、2015、2018、2021年)です。最初に見てからもう12年もたつのか~。14日(土)Aプロに行ってきました。主催するNBSの方々も世界中から参加するバレリーナの方々も本当に開催できるのかどうか、、この数か月ドキドキだったことと思います。

菅井円加さんとアレクサンドル・トルーシュさんの「パーシスタント・パースウエイジョン」、初めて観ましたが、2人の息がとってもあっていて、菅井さんのしなやかさな強さというのでしょうか、素晴らしいですね!
今年5月に英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに昇格した金子扶生さんもエレガントで華やかで表情豊かで楽しみなダンサーですね~。オニール八菜さんも安定の美しさ。フリーデマン・フォーゲルは、ユーゴ・マルシャンが入国規制でBプロから参加となったため、2回「オネーギン」で出ておられ頑張っておられました。私はユーゴ・マルシャン、楽しみにしていましたが、残念でした~。キム・キミンは、期待通りの高いジャンプと滞空時間の長さで圧倒的でした。
スヴェトラーナ・ザハロワの「瀕死の白鳥」も堂々たるものでした。ザハロワさん、日本に来られなくなったダンサーのピンチヒッターとして急遽参加になったのですね、大変だったことと思います。
「瀕死の白鳥」は、私にとっては第14回(2015年)にみたウリヤーナ・ロパートキナの瀕死の白鳥が圧倒的に心に残っています。白鳥が息絶えていくそのはかなさ、悲しさ、弱いながら最後まで諦めない命の強さなどが彼女の腕の動きや背中や彼女の精神性から伝わってきて、もう涙ものでした。

2幕の冒頭では、今年亡くなったパトリック・デュポンの追悼の映像が流れ、サービス精神満点の心のこもったその踊りに会場はまるでそこに彼がいるかのような大拍手が生まれました。きっと彼のパフォーマンスを知っている方々にとっては、懐かしく、そして今でも生きているかのような気持ちになったことと思います。感動するパフォーマンスって感動と共に心に深く刻まれますよね。

2回目のワクチン接種

今週は、分担して2人で作成しているサマリーレポートも担当部分はほぼ完了。提言部分を来週打ち合わせしてから作成します。
金曜日に無事2回目のワクチン接種を終えました。副反応は予想通り(年齢のせいか・・)さほど出ず、24時間経った頃に、少しだけ熱っぽくなりましたが、「熱さまシート」を額につけていたら、接種後30時間後ぐらいには下がりました。頭痛もなく用意していた解熱剤も飲まずにすみ、ほっとしました。
ただ、感染者はますます激増していますし、ワクチン接種しても感染している人もいるため、今後も気は抜けません。早く治療薬が使えるようになるといいなと思います。コロナ治療に関わる医療従事者の人たちは、一体いつになれば、休めるのでしょうか。
来週は、レポートを完了し、8月下旬実施の研修のためのデータの読み込みやスライドの作成をする予定です。
それにしても、毎日暑い!