旅が恋しいですよね

食べ物と芸術の秋。友人が教えてくれた「甘美なるフランス展」(Bunkamura)、迷いましたが、久しぶりに渋谷へ。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスなど、28名の画家の作品が展示されていました。
デュフイの4つの屏風をつないだような朝から夜までに移り変わるパリの景色を描いた作品を見ていると、コロナ前に考えていたパリへの旅、やっぱりいつか実現したいな~という思いが再び出てきました。また、シャガールのオペラ座前の広場の絵を見ても、オペラ座でバレエが観たかった・・オペラ座のシャガールの天井画もみてみたいし、、とまたため息。コロナ終息まで当分無理でしょうけれど、、でも楽しみは先にとっておきましょう。今できることを、ですね。今できる事と言えば、ついつい美味しいものに気が向かっちゃいます。そろそろ栗ご飯も食べたいし。。

今週は、10月中旬の研修のための準備その他にとりかかる予定です。

台風一過の青空と秋の日差し

昔むかし、子供の頃、「台風一過」と聞いて、頭の中で自動的に「台風一家」と変換してしまい、すっきりとした青空を飛ぶ陽気な台風ファミリー(一家)を勝手に想像していました。最近友人が、「酸素飽和度」が頭で「酸素フォワード」に自動変換されてしまい(ラグビー好きの女友達です)、私もその話を聞いて以来、酸素フォワードとしか思えなくなりました。そういう楽しくなるような変換。いいですよね。

さて、3連休の最終日、今日は上野の森美術館で「蜷川実花展」に行ってきました。初めてスマホアプリで日時予約をしてチケットを画面上で提示して入館。時間指定で、混まずに並ばずに入れました。桜の写真も良かったですし、特に彼女の亡きお父さんの具合が悪くなってからの1年半ぐらいの間の、彼女がみたおりおりの風景の写真が心に残りました。

昨日と一昨日は、秋にホームユース・テストで試してもらう試食品2品を、私も家で試しました。私が競合と思う食品も複数買って食べ比べもしてみることに。いざ回答してみると、ホームユーステストに協力する対象者の人の気持ちも少しわかったような気がします。アンケートの回答ではどこまで書くべきかと結構迷うものですね。きっと書ききれないことがたくさんあるはず。私もいくつかあったので、インタビューではそういうことを聞きだせるよう私も前もって試食できて良かったです。

コロナ禍2回目の秋

今週来週は、10月に実施する調査と研修の企画をたてています。
調査の方は、オンラインでのグループインタビューを5グループ実施予定です。5月に実施した調査の次のフェーズの調査です(改定版コンセプトとパッケージ案の絞り込み)。
研修の方は、コロナ禍、大勢では集まれないため小人数でも目的にかなうよう2チームに分けて実施することも検討中。こちらも実施するならば10月に。
思い起こせば、昨年11月はまだアクリル板を置いてリアルでのグループ・インタビューをしていたと自分のブログをみて思い出しました。あれから1年。ずっとリアルでのインタビューはしていないことになります。

そして9月は決算月でもあるので、あれこれ忘れそうになっている会計データの入力などもしてバタバタしています。秋の気分になってきました。久しく行っていない美術展やコンサートにもそろそろ行きたい気分。2重マスクで感染対策をしてしゃべらずおとなしく鑑賞しないといけませんが、それでも気分転換にはなると思うので、やっぱり予約しようかな、悩ましい~。昨年の秋に感じていたより、このコロナ禍の生活はさらに長引くであろう現実が見えてきてちょっとうんざりの秋ですね。

築地場外市場へ

天気もどんよりだし、デパ地下行くのも心配だし、そうだ、築地へ行こう!と夫と久しぶりに築地へ行ってきました。
カツオの刺身、カツオのオリーブオイル漬け、マグロ、豆醤、イチジク、アボガドなど沢山買ってしょってきました。
夜にカツオのたたきを作り、マグロはアボカドとあえて、昼食にはカツオのオリーブ漬けをサラダにのせて食べてみましたが、美味しかった~。豆醤(豆で作った醤/ひしお)は、初めてですが、麺とからめたり、グリルした野菜にのせたり、豚しゃぶサラダにもいいということなので、何にあうか色々試してみたいです。
市場のいいのは、会話できるところ。お店の人にあれこれ質問しながら買うのは楽しいものです。
ですが、インバウンド観光客の人達とひしめき合いながら買い物していたコロナ以前とは全く違って、閑散としていました。早く賑わいが戻るといいのですが、なかなか先が見えない状況ですね。友達と笑い、おしゃべりしながら外食していたころの時間がとても恋しいです。

来週は、web調査の分析や新しい調査設計の打ち合わせをする予定です。