パッケージ開発のためのリサーチの活用

今年4月からスタートした商品開発のための研修も第6回目。今週、6回目を2チームに分けて行いました。これまでアイデア→コンセプト作成→コンセプトテスト→と進み、試作品とパッケージ案も出来たところで、今回は、試食会で味の評価とパッケージ案の討議を皆でしました。
売り場はどこ?これで目立つ?ちゃんとコンセプトが理解してもらえそうか?アイコンの意味は?価格の妥当性は?などなど。味の評価だけでなく、パッケージについても異なる意見がたくさん出てきました。

新製品のパッケージ開発の場合には、中長期的なブランド展開も考えて、カラーやロゴなどを設計していくことが大事。デザイナーさんにコンセプトや製品を出す意義などをきちんと伝えた上で案を作ってもらわないとなりませんが、そもそもその前に社内でちゃんと決めきれていない要素があったり意見が割れていたりすると、中途半端なオリエンになってしまうこともあるのではないかと想像しています。
難しいですが、迷っている点があるのであれば複数の方向性の案を作ってもらい、それらをターゲット層に見てもらってどう評価されるかを決める時間と予算の確保が必要です。
そういう意味で、試食(HUT)のタイミングでパッケージについても、リサーチでデータ(根拠)を得て、ターゲット層がこう感じているという根拠を示せば、社内合意もスムーズにいくはずです。いやあ~、開発者は社内と市場(ターゲットなど)と両方を気にしながら進めていかねばらならないので、大変ですよね。

ところで今日はショパンの命日だそうです、第18回ショパン国際ピアノコンクール、12人のファイナリストに日本人ピアノストも2人が残っていますね。オンラインでもすべての演奏が聴ける時代、ほんとすごいですよね、先週も聴いていましたが、今週も楽しみです!

豊穣の秋

2021-10-09 11.29.192021-10-09 08.06.55

八ヶ岳南麓へ。秋晴れのきれいな空気をすって秋を味わいました。ゴルフもラウンドは久しぶりでしたが楽しめました。標高の高いところは紅葉し始めており、少しだけドライブもでき、お天気に恵まれました。

田んぼは、刈りとられるのをまつばかりの黄金色に輝く稲穂がとってもきれいで、新米が楽しみです。そばの畑は夏の白い畑からもうすっかり茶色になっていて、まもなく新そばの時期ですね。

今週は、木金が研修です。2チームに分けて少人数で試食もしながら進行します。

「売れるパッケージデザイン」小川 亮著(日経BP)を読みました

2021-10-02 19.36.52

10月に実施する研修でパッケージ調査のことも少しお話することもあって、私の体験だけではなく、理論的な背景も知っておきたかったので、この本をKindle版で読みました。とてもわかりすく具体的で、メーカーの方がデザイナーにオリエンする時に何を用意し、どう説明して巻き込んでいくかまで説明されていました。

そもそもパッケージがマーケティングにおいてどのような役割を果たすべきなのか、またパッケージ調査を実施する場合には、何に気をつけたらいいのか、コンセプトの合致や評価軸についても体系的にわかります。

やっと緊急事態宣言が解除して、2年近く会っていなかった女友達とテラス席であ~だこ~だとおしゃべりしながら会食出来たのが嬉しかったです。やっぱり会って話せるのが一番ですね。この秋は、少しずつご無沙汰している友達とも再会したいところです。もちろん気をつけながら、ね。