パッケージ開発のためのリサーチの活用

今年4月からスタートした商品開発のための研修も第6回目。今週、6回目を2チームに分けて行いました。これまでアイデア→コンセプト作成→コンセプトテスト→と進み、試作品とパッケージ案も出来たところで、今回は、試食会で味の評価とパッケージ案の討議を皆でしました。
売り場はどこ?これで目立つ?ちゃんとコンセプトが理解してもらえそうか?アイコンの意味は?価格の妥当性は?などなど。味の評価だけでなく、パッケージについても異なる意見がたくさん出てきました。

新製品のパッケージ開発の場合には、中長期的なブランド展開も考えて、カラーやロゴなどを設計していくことが大事。デザイナーさんにコンセプトや製品を出す意義などをきちんと伝えた上で案を作ってもらわないとなりませんが、そもそもその前に社内でちゃんと決めきれていない要素があったり意見が割れていたりすると、中途半端なオリエンになってしまうこともあるのではないかと想像しています。
難しいですが、迷っている点があるのであれば複数の方向性の案を作ってもらい、それらをターゲット層に見てもらってどう評価されるかを決める時間と予算の確保が必要です。
そういう意味で、試食(HUT)のタイミングでパッケージについても、リサーチでデータ(根拠)を得て、ターゲット層がこう感じているという根拠を示せば、社内合意もスムーズにいくはずです。いやあ~、開発者は社内と市場(ターゲットなど)と両方を気にしながら進めていかねばらならないので、大変ですよね。

ところで今日はショパンの命日だそうです、第18回ショパン国際ピアノコンクール、12人のファイナリストに日本人ピアノストも2人が残っていますね。オンラインでもすべての演奏が聴ける時代、ほんとすごいですよね、先週も聴いていましたが、今週も楽しみです!