3日間のインタビュー演習終了

2021-12-25 17.04.12
12月に入ってからインタビュー・フローの作成など準備していたインタビュー研修3日間が終了しました。
「インタビューは、問いを何度か重ねて深堀りしないとただのアンケートと同じになってしまうと言われていたことが自分でやってみてなるほどと思った」や「スポーツのように型をいくつか学べばもっと自然にできそうだと思った」などデブリーフィング時の気づき発表では、私にとっても新鮮な学びがありました。
確かにそうなんです!スポーツやダンスの動きには、必ず型があるように、マーケティング・インタビューも型(目的を理解し、フレームを頭に入れて、いくつかの問いを柔軟に使いこなす技)を学べたら、マーケティング上の課題のための問いなのである程度は想定ができるのです。今回得た学びも今後の研修の演習にいかしたいと思います!お疲れさまでした。

クリスマスということで、今日は海外の家族とZOOMでチャット。コロナ禍でもみんな元気そう。良かった。今年もあと少し、29日が仕事納めです。
今年は、おかげ様でいくつも手ごたえのある案件をお手伝いでき、満足しています。
引き続き、2022年もどうぞよろしくお願い致します。

カテゴリーを最初に作った製品は強い

今週月曜のデブリーフィングで方向性が決まったので、今週はそのサマリーを作成。市場の状況は、2番手、3番手の競合新製品の登場で刻刻と変わるので、昨年同じテーマでインタビューした時とは消費者の受け止め方も違っていました。こうやって製品をリニューアルしながら長く価値を維持していくというのは大変だと思うと同時に、とは言え、カテゴリーを最初に作った一番手製品は人の認識をまずがっちりとおさえられるので強さが違うこともあらためて実感しました。

金曜日夜は久しぶりに外で会食。コロナ禍でほぼ2年お酒を伴う会食は一切なかったので本当に久しぶり。美味しいし、楽しいし、お店の人ともコロナ禍でも元気だった?大丈夫でしたか?と再会を喜びあいました。

来週は、月曜から水曜まで3日間、ある企業の開発担当の方々向けにインタビュー研修です。6名の方々が1人ずつオンラインでインタビューする様子をみさせてもらい、1人1人のインタビューの進め方について感想をお伝えします。商品カテゴリーもテーマも面白いので、とても楽しみです。学びを得ていただけるよう具体的なアドバイスを心がけます。


村治佳織さんのリサイタルへ

先週のデプス・インタビュー8名、それぞれの価値観がはっきりと出たインタビューでした。年齢の幅も30代から60代まで、そして男女なので当然です。年齢と性差以外にもテーマの食品に対する思いも違いますので、どの人達に向けてのリニューアルとするか。明日のデブリーフィングのために、この週末は発言の整理と簡単なタイプ分け(セグメントマップ)を作ってみました。方向性が決まってからサマリーを完成させようと思います。

そして、今日は、サントリーホールでの村治佳織さんのギター・リサイタルに夫と行ってきました。舞台上のエメラルドブルーの椅子と同じカラーの素敵な衣装は、今日初演されたブローウエルというキューバのギタリストの作曲作品「青いユニコーンの寓話」がモチーフなんですね。演奏の合間の合間の村治さんの温かい思いにあふれたトークと緻密に考えられたプログラム構成で、あっという間に時間が過ぎました。
「青いユニコーンの寓話」も「舞踏礼賛」も良かったです。舞踏礼賛は、ストラヴィンスキーの春の祭典を意識した曲のようです。バレエの「春の祭典」を思い浮かべながら聴いていました。
そして、会場でわずかの時間でしたが友達と会えたのも、とても嬉しかったです。

さ、今週もサマリーレポートの作成、がんばります。

インタビュー・フローの作成は脳内シミュレーション練習

2021-12-04 11.10.092021-12-04 11.10.552021-12-04 10.57.19

オミクロン株が懸念されています。手をしっかり洗ってマスクをつけて、と基本行動は変えずにやっていくしかないですね。
先週のインタビュー・フローの赤ペンチェックはなかなか難しいことに気づきました。これから6つのフローの”いいとこどり”をして一つに集約し、それをもとに12月末にインタビュー研修です。
インタビュー・フローを作る目的は、2つ。
一つは脳内でシミュレーションしておくことで相手がどういう人でも機動的にフレキシブルに問いをたてて進められるようにするため。当日フロー通りに進めようとこちらの枠組みで一つ一つの問いをブツ切りで聞いていくのではなく、対象者の人が話したいことを話せたと思ってもらえるようフレキシブルに進められるのが理想です。
もう一つは、複数のインタビュアーが進行していく場合には、人によって聞くテーマの幅と深さが違いすぎてはいけないので、目的を共有し掘り下げる点を確認する意味でもフローを作成するのです。

さらに来週は、ある食品のリニューアルのためのユーザー・インタビュー(オンライン)を8名行います、インタビュアーは私とマーケの女性と2人で分担。今週でほぼインタビュー・フローは決まったので、水曜日からがんばります。

写真は今週末の千鳥ヶ淵緑道と北の丸公園の紅葉です。緑道には大勢のランナーが走っており、公園ではスマホやカメラで撮影する人たち達もおり、みんなそれぞれ冬の前の穏やかな晴天を楽しんでいました。