ウクライナの人々が心配

2022-02-26 13.03.01
少し空気が春めいて気持ちの良い週末でした。ベランダの落ち葉の掃除も気持ちよく完了。昨日はネットで映画「ドライブ・マイ・カー」を観てみました。様々なメッセージが盛り込まれている映画でした。思いもよらないことで大事な人を亡くした人の喪失感、日々おしよせる後悔の念、それでも生きていこうと思わせる偶然の出会いの物語でした。また、人との関係において言葉だけではなくその人の非言語からたちあがる芯の思いまで読み取ることの大事さ(手話で演じる女優さん、素敵でした)、ドライバーの女性のように自分を取り戻して自分の人生を生きようと復活していくまでの監督の描き方は長いけど(3時間)、納得。でも私は映画館でなく家で観ました(笑)。

それはそうと、人間はなぜ戦争をしたがるのでしょうか、、全く学んでいない・・。ウクライナへの侵攻に関わらず、自国こそが覇権をとりたい、武器を売りたい、エゴを拡大したい・・と思っている国の中枢の権力者同士の争いのために多くの市井の人々が被害を被っているのが悲しすぎます。地政学的に難しい位置にいても中立を保っている国もありますし、何か良いやり方はないのでしょうか。
今週は、インタビューがあります。若い人達がターゲットなので、できるだけ思いを言葉にしてもらえるようにしなくては。がんばります。

冬季北京五輪、今日で閉幕

週末に観に行こうと楽しみにしていたバレエ公演(新国立バレエ団)が、関係者2名にコロナ感染が判明したために、前日にキャンセルとなりました。観客もとても残念ですが、出演するために練習を重ね、準備していた関係者の方々はさぞや落胆したことと思います。

さて、冬季北京五輪も今日で終わり。アイスホッケーのスピード満点の展開や、スノーボード・ハーフパイプの数々の技の美しさ、日本女子カーリングの明るく強いチーム力、そしてフィギュアのアイスダンスやペアのリフトの高度な技術には驚き、そして感動しました!
以前から問題になっているROCのドーピング疑惑に対しては、抜本的な対策をIOCに求めたいです。スキージャンプのスーツ採寸のやり方についても変えないとダメですね。選手にとっての公平性って何だろうと考えさせられました。
IOCには正しくかつ透明な運営をしていただきたいです。IOCが変わらないと我々世代は五輪という祭典に失望し続けますし、若い世代は五輪に興味すらもたなくなると思います。
今週は、3月第一週実施のデプス・インタビューの接続テストを行いつつ、インタビュー・フローや提示物を完成させます。

メトロポリタン美術館展(国立新美術館)へ

2022-02-12 16.06.562022-02-12 16.03.39

メトロポリタン美術館展の時間予約チケットが3連休直前に取れたので行ってきました。そろそろ家でのおこもりにも疲れたところでしたので、NYへ旅したような気もちになって、かなりリフレッシュできました~。
65点(うち46点は日本初公開)の作品をどれもすぐ目の前でしっかりと見られる程度の混み具合で、みんな静か~に鑑賞していましたよ。
事前に雑誌pen3月号のMETの特集を読んだり、展覧会の公式サイトで作品紹介を読んでから出かけました。

中でも私は、フェルメールの「信仰の寓意」、マリー・ドニーズ・ヴィレールの「マリー・ジョセフィーヌ・シャルロット・デュ・ヴァル・ドーニュ」、ピーテルクラースの「髑髏と羽根ペンのある静物」、ジャン=レオン・ジュロームの「ピュグマリオンとガラテア」、ゴッホの「花咲く果樹園」が印象に残りました。他にもエルグレコ、ルーヴェンス、カラヴァッジョ、コロー、ルノワール、セザンヌ、マネ、モネ、ドガ、シスレーなどなど。何度も部屋を行ったり来たりしながら鑑賞。
どの絵画も、目の前で見ると、描かれている人の肌や布地にまるでじかに触れているかのような錯覚をおこさせます。それぞれの絵に込められた思いは観ている人の感覚や感情をゆさぶってきて、そこが刺激的です。色んな寓意や暗喩、そして皮肉を込めたような絵も面白くて好きです。
また数百年も前の作品が修復のプロによって現在でも変わらず鑑賞できていること自体もすごいな~と思いました。

引き続きのおこもり

立春すぎても今年はまだ寒いですね~。今週末も、タサン志麻さんのレシピ本の「鶏肉のビネガー煮込み」を作ってみました。いやあ~美味しい。骨付きの鶏肉を使うと旨味が出て味が深くなりますね。そして最近朝はセロリーやカブの葉っぱとリンゴやみかん、バナナを適宜入れてスムージーを作っています。美味しく、その上、葉っぱまですべて使えて無駄がないのがまたいいですね。

北京冬季五輪がスタートしました。開会式、テーマはわかりますが、現実世界で起こっている事との乖離がありすぎて、う~ん、無理があるなあ~と感じてしまいました。IOCに対するもやもや感もありますが、とにかく各国代表選手の4年間のがんばりは応援したいです。

来週は、今月末に実施するインタビュー調査のスクリーニング票の完成とインタビュー・フローの作成などを進めます。
それと、妹に教えてもらった「事業復活支援金」申請の書類の準備もしないと~。