村治佳織さんと反田恭平さんのコンサート

この週末はますます春めいてきましたね。
今日は、サントリーホールで贅沢な特別編成のコンサートへ。
村治さんは「アランフェス協奏曲」を演奏。第二楽章、村治さんの優しく深い音色に涙しました‥。それにしてもドレスは毎回とってもおしゃれ!
そして、反田さんは「ショパンのピアノ協奏曲第一番」を!ショパン・コンクール決勝では私は夜中にアプリで興奮しながら演奏を聴いていたので、今日はついにライブで反田さんのピアノ協奏曲1番が聴けて、感激です。
今回、来日が叶わなかったスペイン国立管弦楽団の代わりに演奏を務めたジャパン・ナショナル・オーケストラも、若くてとってもエネルギッシュで、演奏ごとに会場がどんどん熱気に包まれていくようでした。
最後の最後のアンコールでは、村治さん、反田さん、そしてマエストロ(がバイオリンを演奏)のトリオ演奏でピアソラを。
簡単に終わりそうもないウクライナ侵攻の連日の情報(ニュースやSNS)に鬱々としていたので、今日はライブ演奏のパワーで力が湧いてきました。

今週は、3月末の調査対象者選びと4月の研修の打ち合わせ。3回目ワクチン接種もあるので、スムーズに終わるといいな~と思っています。