デブリーフィングの目的

今週は、2日間で1人90分のオンライン・インタビューを6名無事完了しました。参加いただいた対象者はどの方もヘビーユーザーで色々な観点からお話を伺え、とても参考になりました。今回も実査終了後の翌日にデブリーフィングを行いました。

このブログに辿り着く検索ワードでデブリーフィングが一定数ありましたので、デブリーフィングについて少し説明します。リサーチ直後のデブリーフィングは、各対象者のインタビューが終わった後、追加質問の確認やもっと深く掘り下げる箇所を確認するなど毎回軽く行いますが、それとは別にインタビューがすべて終了後に、レポート作成の前にラップアップ(まとめ/振り返り)として行うこともあります。
今回もそのようにしました。というのは、レポートを作成するのに日数がかかるため、その前にクライアントは今回の結果を関係者に報告しなくてはならない場合も多く、そのため、主な結果をわかる範囲で伝えることが必要だからです。

今回は、デブリーフィングを翌日の午後に行ったため取り急ぎ数時間で対象者のセグメントや、提示したパッケージ案の評価や試食の結果を3枚にまとめて報告しました。
デブリーフィングにおいて、あらためてクライアントの考えや何に課題を持っておられるかがわかるとサマリー作成もスムーズにできますので、今回も実施しておいて良かったと思います。

来週は、レポートにとりかかりますが、2回目ワクチン接種もあるので副反応が強く出ないといいなと思っていますが、おそらく年齢から言って(若いほど出るとか?)そんなに反応は出ないでしょう~(笑)。とは言え事前の体調管理を怠らず、接種に挑みます(大げさ)。

五輪開会式をみて

それにしても暑いですね~。
今日は父の命日が近いのでお墓参りに行ってきました。沢山の蓮の花がすっくと咲き始めていました。
2021-07-25 10.43.262021-07-25 10.44.21
それにしても、五輪開会式をみて、ギリギリまで調整して実演した現場の方々は大変だったと思いますが、今後IOCをはじめとする既得権益を優先して、一部の人達の利権だけを守るために莫大な投資をし、本来助けなくてはならない人達(今回でいうと東北の被災者や、コロナ禍で奮闘し困っている人達)を置き去りにするような五輪というスキームの見直しがいると思いました。
私は、トップアスリートの切磋琢磨した演技や競技を観ること自体は大好きなのですが、今の五輪は、莫大なお金が動きすぎます、コンパクト五輪というテーマはどこにいったのでしょうか。
それと今回の開会式のスローガン(多様性)については、どうも”うわっつら”の表現で、心からそれを実現したいという思いが伝わってこなかった・・。それは演出側だけの問題ではなく、IOCや組織委員会、政府など運営する側の日頃からのふるまいや言動から感じられることなのでしょう。

あすは今週実施するオンライン・インタビューで見せる動画やパッケージ案の画面共有がうまくできるかどうかのテストをします。今週も暑そうですので、小まめに水分補給して体調管理です。

ごりごりで決行の五輪

今週は、連休があるので平日は3日間のみ。
来週実施するオンライン・インタビューの準備中です。最終的に参加OKの対象者の確認、インタビュー・フローの最終調整などを3日間のうちに行います。
今回は集まりづらい対象者層でしたので(出現率が低い)、初めて提携パネルからも探してもらいました。

それにしても五輪は決行されるんですね。バブル方式とやらに不安がありますし、選手村でも周辺エリアでも感染者が激増しないといいのですが、、。
私の2回目ワクチンは、8月第一週に実施予定ですが、ワクチン不足とも言われており、本当に打てるのでしょうか。ワクチンは充分あるので早急に準備をと政府から言われ、体制を整えてきた行政の方々もさぞやお怒りではないでしょうか。

サマリーを作成

先週は、第一週に行ったデプス・インタービューの簡単なまとめを作成していました。
今回は発言録をExcelで1人ずつワークシートに項目ごとにまとめてもらい、そこから発言を切り出してまとめを作成していったのでスムーズにできました。発言録はWordですとファイルが多くなってデスクトップに並べづらいのですが、Excelだとタブをクリックしてみていけばいいので、やりやすいですね。

ロイヤリティで分けた3つのターゲットセグメントごとに発言を整理していくと仮説通りだった点とそうでもなかった点が見えて来て、混沌としていたものが徐々にクリアになった気がします。
「どこでそれを知ったのか、なぜ買ったのか」「気に入っているのはどんな点か」「不満はあるか」「競合をどうみているのか」などなど。
今週は「今後の検討課題」を、インタビューを観た皆さんと討議してからまとめる予定です。
すでに市場に出ているブランドですので、今後、どのターゲットセグメントに対して何をすべきかを検討します。

今日午前中は、コロナ禍以降始めたオンライン・ピラティスのグループレッスンでした。もう1年になりますが、最初はできなかったことが少しずつできるようになるとそれはそれで嬉しく、遅々とした進歩ながら、なんとか続いています。股関節、肩甲骨、背中などがやわらかくなって頭痛がしなくなったのは助かっています。これから体幹がもっと鍛えられてゴルフのスイングがパワフルになるといいな~。

久しぶりの対面での会議

1月からずっとオンライン会議でやってきたのですが、今週は4月以降のことを決めるにあたって対面での会議に得意先に伺ってきました。目的が企画会議に近いのと5名なので、やはり対面での方が討議できたという実感があって、得られる情報量が違いますね。
また、本題に入る前の雑談からもアジェンダ以外のことが色々とわかるのでコロナ禍でも対面での会議は折々必要だと思いました。

今週、ホームユーステスト調査の報告書も、どうにか完了。また別案件のホームユーステスト結果が来週あがってくるので、報告書作成に取りかかる予定です。コツがわかってきたので、今度はもっと手際よくできそうです。

iPad AirでZoomゆんたく

オンライン会議やインタビューはパソコンでしていますが、家でのオンラインピラティスレッスンはiPhoneから参加していました。スマホの画面だと少し小さくて見づらいので、iPadを買おうと昨日ビッグカメラへ行ってきました。

事前にYoutubeでiPad AirとiPad Proのどちらがいいか、比較評価している人の動画をチェック。私はAirの方にしようと決めて出かけました。ついでに私が持っている古~いiPad(なんとOSは、iOS5.1.1)も、買い取りは無理でしょうからメーカーに出せないか、工場出荷状態に初期化してからもっていきました。
引き取ってもらえたらと思ったのですが、ビックカメラでは引き取ってもらえず、自分でappleに連絡して郵送するしかなさそうだとわかったのですが、ただ、店員のお兄さんは、”Wifi環境があればSafariでYoutubeぐらいは観れると思いますよ~、「お子さんやお孫さんに」気にせず触らせるようにとっておいては?しかしこんな初期のiPad初めて触るな~こんなだったんですね"と感動されました。私は「お孫さん」かあ~と笑ってしまいました。確かにそういう年ではありますが、人から言われると動揺する私です(笑)。

それはさておき、買ったiPad、設定がとても簡単でした。使っている自分のスマホを横に置くとスイスイ同期してくれてあっという間にLINE以外は、アプリも何もかもスマホと同期されました。アップルらしい。

今日さっそく午前中のピラティスレッスンで使い、午後も沖縄にいる夫の友人と3人でZOOMゆんたく(ゆんたく=おしゃべり、お茶会)。この時は私がZOOMのホストだったのですが、iPadのZOOMアプリからはログインできず、パソコンのブラウザでログインしてから自分で自分のiPadを許可して参加という形にしましたが、これも面倒なので、次回のために調べたところ、iPadでもGoogle Chromeアプリをダウンロードし、ZOOMのサイトからログインするとiPadからもホストになれることがわかりました(細かい情報ですみませんが)、解決して嬉しいです。

さらにiPadにKindleアプリもダウンロードし、これで読みづらいかったKindleリーダーを使わずにiPadで読めます。

謹賀新年 2021年もよろしくお願いします

今回のお正月は、ステイホームでおとなしく過ごしました。
海外にいる夫の家族とはZOOMで対面し、東京を含め3地点9人でおしゃべりしました。こういうツールがあるのは本当に助かります。

1月6日(水)より、スタートします。
今年はすべきことが見えているので、コツコツと焦らず経験を増やしていきたいと思います。
昨年感じたことですが、色んな人が関わるプロジェクトですとスタートした当初は暗中模索で、見えていなかったことが少しずつ見えてくるのにある程度の時間はかかります、そこであきらめず実践形式で見てもらって待つ。それぞれの人が顧客を理解する意義を見いだせたらいっきに、何をしなくてはならないかということが自然に腹落ちしてわかってくるのだと思いました。するとクライアントとの信頼関係もアップしてとたんにコミュニケーションがスムーズになります。ちょっと抽象的すぎて何を言っているかわかりづらいと思いますが、とにかくそういう糸口が見えた時に、あ~やって良かったと思います。6年ほどかけてやってきたことが去年少しだけ進んだ気がしたので嬉しかったです。

写真は、木工の鏡餅です、お餅だけでなくみかんも木で作られています。ここまで仕上げる工芸の技、そしてヒノキの薫りもするので気に入っています。妹が贈ってくれたお正月用のお花と一緒に飾りました。

2020-12-27 08.49.22

医療従事者の方々に感謝しつつ年越し

2020年は、コロナ禍で仕事の仕方が大きく変わりました。
オンライン会議が日常的となり、オンラインインタビューも沢山実施しました。
慣れてはきましたが、画面ごしだともどかしいことも多く、アクリル板ごしのリアルインタビューも、それはそれで声が聞こえにくい。ただ、振り返ってみると、この状況もある意味実験だと思えば、楽しんで出来たような気も。
コロナ終息後には、以前のような対面での仕事がより増えるのか、案外戻らないでリモートが便利だねとなるのか。使い分けが進むのか。そういう意味でも実験精神で来年も学んでいきたいです。
とは言え、医療従事者の方々にとっては、想像を絶する大変な1年だったと思いますし、来年も頭が痛いことと思います。あらためて、この1年医療現場で悪戦苦闘し続けて下さった方々に感謝しつつ、年越ししたいと思います。

感染に気をつけて、ひたすら散歩の3連休

都内のコロナの新規陽性者数が500名を超えてきました、全国でも拡大傾向は明らか。
それもあってこの3連休は、さすがに遠出はひかえ、都内にとどまって散歩する程度におさえております。
幸い天気はいいので、歩くだけでも気持ちがいい!
紅葉する樹々の横で、桜の木にはもう小っちゃいつぼみが蓄えられていました。数か月後の開花が楽しみ。

今週は金曜と土曜にグループ・インタビューもあり、体調崩せないので、この3連休はおとなしくすごすことにします。仕事の時のマスクを色々探していたところ、モデレーター仲間に声が通りやすいマスクよ(ユニ・チャームの超立体・ソフトーク)と教えてもらい早速1箱買ってみました。確かに息苦しくなくて、これ良さそうです。

2020-11-22 12.53.09

秋晴れの日曜

今日は、ものすごく気持ちの良い秋晴れの日曜日でした。
不定期で参加する筋トレのオンラインレッスンの先生が体調を崩され、今日は急遽お休み。
早めに出られるので、ランチかねて日本橋方面に夫と出かけました。
久しぶりの丸善!どこを見ても本、本(当たり前)。久しぶりの大きな書店に脳が刺激を受けまくりました。
コロナ後どうなるのか?どうすれば格差がなくなるのか?日本の農業の種苗ってどうなるの?などなど目につくだけでも色んな専門家がこんなにも次々と沢山の書籍を出していて、しかも今は世界の変わり目だし、それを分析し考えぬいている知の世界にしばし浸りました。

今週は、商品開発のための研修の最終回(8回目)があります。簡単な定量調査のコンセプト・テストの結果発表をして、その後チームごとに定性調査に向けてのワークショップを行います。