マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for the ‘使ってみました’ Category

名刺管理アプリ、便利。

名刺の整理をずっとしておらず、このところの名刺交換でだいぶ増えたので、整理しようとアプリをダウンロード。
スマホで撮影すれば、文字に変換されデータになっているので、うわ~便利。
しかも複数枚の名刺が一度に撮影できるところも手間が省けてうれしい。
時々文字変換にミスがあって一部が欠けたりする場合もありますが、一度取り込んでから自分で編集して使えば問題なし。もっと早く使えば良かった~。
先週はファシリテーションとグルインが両方あり、少しバタつきましたのでこの3連休でゆっくりできました~。
まだまだ寒いけれど、近所で梅のつぼみが膨らんでいるのを見つけたりすると春も遠くはないと思ったり。
今週は来月の研修テキストを作成し、月末のグルインの準備もします。

Written by intervistatokyo

2018/02/12 at  

カテゴリー: 使ってみました

自撮り棒でビデオ撮影?リモコン、アウトカメラ&インカメラに戸惑う・・

参加できなくなってしまったパーティのために、夫婦でビデオメッセージを作ることとなり、撮影しました。
10年以上前に買ったビデオカメラを引っ張り出して撮影することもできますが、それをパソコンに取り込んで編集してと考えると(以前はiMovieで動画編集をして旅の動画アルバムなんかを作って楽しんでいましたが)時間的余裕もないので、iPhoneの動画で送ろうと思い、金曜日ビックカメラでリモコンスイッチ入りの自撮り棒を買ってきました。
売り場の棚の下の方で製品をいろいろ触っている男性がいたので、「このリモコンスイッチで動画もON/OFFできますか?」と聞いたら、「あっ、僕、お店の人じゃないけど、、」と言いつつも(お客さんだった(^_^;))、「たぶん使えないと思うな~静止画のみでしょう」とのこと。仕方ないけれど、まあ買ってみようと思い買って帰りました。
早速Bluetoothでリンクさせて、使ってみたら、なんとビデオ撮影でも使える!良かった~。

そこで今日、二人でセリフと話す順番を決め、カメラ位置を決めるところまで来ましたが、ここでiPhoneにはインカメラとアウトカメラと二つあることに自撮り棒の説明書を読んで気づきました。厳密にいうと、普段フェイスタイムでビデオ会議などをする時には、インカメラで画像を送っていたわけですので知ってはいましたが、その差をよくわかっていなかった。アウトカメラ(画面ではない側についているカメラ)の方が画質がいいらしいのですが、アウトカメラで自撮り棒でうつそうとすると、画面で自分たちがどう映っているか確認ができない(のがマイナス点)。
ならば画質を落としてもいいからインカメラでとなると、今度は、用意していた手書き文字のフリップが鏡のように反転して撮影されてしまう!ということに気づきました。
せっかく作ったフリップは使いたいので、文字が反転せずに写るアウトカメラに戻して撮影してみました。
ところが実際にスイッチを入れると縦と横の比率が最初に画面でチェックしていた比率と少し変わってしまうらしく、さらには微妙に棒を持つ手が動いて画面が動いてしまい顔が半分隠れたり、フリップ文字の下が欠けたり、笑ってしまったり、セリフ間違えたり、、、と失敗続き。TAKE8ぐらいでやっとやっと撮影成功しました。終わった時は「やった~!やっとできた~」とハイタッチ。なんとか喜んでいただけるメッセージになったかな~。とにかくアップロードできて届いたようなので良かったです。

Written by intervistatokyo

2017/09/24 at  

カテゴリー: 使ってみました

土鍋で楽々ごはん炊き

2016-10-15 18.19.072016-10-15 18.19.502016-10-29 17.47.49

夏に友達から聞いて、伊賀焼「長谷園」の土鍋「かまどさん」を買って以来、ほぼ毎回ごはんを炊くときにはこの土鍋で炊いています。うちは2合炊きを買いました。
中央の写真のように内蓋があるので、圧力釜の機能で吹きこぼれも防ぐそうです。また遠赤外線効果の高い釉薬を使っているのでお米の芯まで熱を通しふっくら仕上がるそうです。
しかも中強火で12分、火を止めてから20分蒸らすだけ、火加減は一切必要ありません。ほんとに楽。
買ってから最初に使う時の”目止め”作業がちょっとひと手間でしたがそれだけ。
焦げつくこともなく、洗うのも苦労しません。これを買ってからうちでは炊飯器はほぼ使わなくなりました。
今日は新米で。やっぱり新米はぴっかぴかでモチモチで美味しい~~。ついつい食べすぎてしまいま~す。

今週は11月中旬以降12月の2つの調査案件の提案や見積、内容変更で再見積、スケジュール再調整、11月上旬実施調査のガイドの打ち合わせなどで追われました。今週は昨日は半袖だと思ったら、翌日はコート着ていたり、寒暖差に惑わされないように気をつけないと風邪ひきそうでした。季節のかわりめ、気をつけないと。

Written by intervistatokyo

2016/10/29 at  

恐るべし。プリクラ!

横浜で和太鼓集団「鼓童」の公演を姪と観てから、中華街で飲茶し、その後みなとみらいに寄ってみました。

思い出にとカップルばかりの観覧車にも久しぶりに乗って、その後私の希望でプリクラを。
きれいに撮れるプリクラに興味しんしん!だったのですけれど、驚きました。
機械のおかげで目はパッチリ(気持ち悪いぐらいの大目)になって、髪も肌もつやっつや。全身ポーズまで撮れるんですね~。全身写真の足は補正されて、細くそして長くもなってる?もうほとんどこれはうそっぱち、合成加工の賜物なんですけれど、思わず二人でテンションあがって撮影しました。
ペンでイラスト入れるところでは、私完全に固まりました。何かいていいのか、全く知見なし!
そこは姪にお任せして私はハートとか入れるだけ。
最後に紙に印刷されて出てきます。さらにはデータで転送されるはずなのに、時間が短くて焦ってメールアドレス入力ミスしてしまいました。サクサクやらないと時間切れになっちゃうので、ついつい次こそいいポーズとか次こそ面白くとか何回も試したくなる気持ち、くすぐられます。
アウトプットは、紙なしでむしろデータだけでもいいんじゃない?とか思いながら、それでも400円で何カットも撮れて顔だけも全身も撮れて、これだけ楽しめるって、すごいもんだと思いました。

Written by intervistatokyo

2015/03/21 at  

台風18号も過ぎ去り

3連休の3日め、もともと入れていた予定をキャンセル。
テレビの台風情報を横目で見つつ、外の様子を見つつ、ベランダで倒れた植木を気にしつつ家にいた。
滋賀、京都、福井には大雨特別警報が出たようだ。
こういう日なので普段やりそこねて気になっていたことを片付けようと、冷蔵庫の野菜室の掃除、冷蔵庫の中の食品の整理、”激落ちくん”でごまかしていた急須やポットやコップの漂白、ティファールの外側を拭く、食器棚の整理、古くなった夏のTシャツや下着類の整理・・・など。浴室のタイルもちょっと気になる。要は、私がやりそこねているのは掃除関係!と気づいてそこで終わり(笑)。
2013-09-16 17.58.442013-02-27 08.42.42
台風通過後、きれいな空に。刻々と色が変わってきれい。
ちょっと出かけたがその間、ルンバ君にも掃除してもらいました。
ルンバ君は、不在中に代わりに掃除してくれるし、あるいは、私は掃除機使ってリビングを、ルンバ君には寝室をやってもらうなど、手分けして一緒に仕事してくれている感があって、いいのです。使ってみてわかった良さ。
実はこれはいただきもので、本当~に助かっています。あらためて、掃除の苦手な私にぴったり!感謝!!です。

Written by intervistatokyo

2013/09/16 at  

カテゴリー: 使ってみました

日経新聞電子版をiPadで

 

2013-02-03 16.50.34

日経新聞と日経MJは紙の新聞(という言い方も変ですが、、)の宅配をずっとしています。
データとして保存も簡単そうなので、日経新聞の電子版の契約をしました。
新聞紙面のイメージ通りで読めるiPad用アプリをダウンロードして読んでいます。
不思議です、やっぱりこれまでずっと見続けている慣れた紙面で読むのが安心感があって、読んだという実感もあります
これまで無料の範囲内でウエブでも日経サイトで記事を読んではいたのですが、どうもウエブ画面になじまなくって(旧世代だからかな~、、)。それに月に記事20本までと制限もありましたし。

アプリダウンロードのためには私のiPadのOSが古かったためOSをアップグレードする必要があって、ちょっと不安だったのですが、アップルに電話で相談したところ丁寧に対応してくれたので、PCとiPadをつないで30分ほどでさくっと完了。
これで新聞紙面のイメージで読めるようになりました。
iPhoneでも日経電子版は読めますが、やはりこちらはウエブ画面で読んでいるという感覚です。
やはりこれからiPadで読む方が多くなりそう。

Written by intervistatokyo

2013/02/03 at  

カテゴリー: 使ってみました

「ひかりなでしこ」と言う名の線香花火

CIMG4487CIMG4490CIMG4494

いただいた桐箱入りの線香花火。その名も「ひかりなでしこ」。
桐箱入りなのでなんだか恐れ多くて、なかなか試せなかったのですが今日はついに灯火してみました。
手すき和紙を野山で摘んだ草花の汁で染め上げ1本ずつよりあげているだけあって、もうそれはそれは繊細な箱入り娘って感じ。
それが火をつけるとびっくりするような光をはなちます。びっくり!これが線香花火??と思うほど、途中で力強く火を噴きます。
昔の線香花火はもっと火花が大きかったと懐かしむ人の声を聞き、その昔の線香花火を再現しようと研究に研究を重ねて作りあげた花火なのだということが後でわかりました。確かにちょっと火花の勢いが違っていました(写真)。
ほんの数十秒なのに、息をひそめて火花を見守るとき「ああ~ずっと続いて欲しい」と祈ってしまいます。確実にそのうちすぐ終わってしまうととわかっているのにね。

Written by intervistatokyo

2012/08/25 at  

カテゴリー: 使ってみました