マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for the ‘気になりました’ Category

明けましておめでとうございます!

年末年始、とてもゆっくりと過ごせました。今日から仕事はじめです。
今年も心をこめて仕事をしたいと思います。
ひとつひとつのプロジェクトを大事にしながら、進めます。

そして今年も沢山の消費者の方々と対面で会って話を聞いていきたいです。
年賀状にも書きましたが(しつこい!)、いくらビックデータの分析データが得られるようになってもそれはそれ。
消費者の顔を見て話を聞かないと、ホントウのところはわかりません。
言葉の間にあるニュアンスや無意識のうちにポロッと出てきた言葉を表情なども見ながら観察しなくては大事なことを見逃してしまいます。効率を優先するばかりではなく手間をかけてアプローチすることが結局近道だったりします。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

Written by intervistatokyo

2020/01/06 at  

3回目ユーザビリティ調査が終わりました

今週、先週実施した3回目のユーザビリティ調査のサマリーを提出。

各回の調査結果を受けて、クライアントが慎重に修正したことでその結果、インタビュー時の対象者(ターゲット)の操作行動が確実に変わり、びっくりするほどでした。ちょっとした言葉の選び方、ちょっとしたイラストの差で、こんなに違うのかとあらためて観察結果の成果に手ごたえを感じました。
最終化に向けて担当の方の社内プレゼンがうまく行っていることを祈る気持ちです。

また、今週は12月に実施する研修(演習)目的のグループ・インタビューの打ち合わせをしました。
久しぶりの大阪での打ち合わせ(日帰り)でしたが、帰りの新幹線で夕食時間なのに車両で1人の女性しかお弁当を食べておらず、ひょっとして肉まんやタコ焼きのニオイ問題以降、何か規則が変わったの?と思いながら、車内販売もしていることですし、ニオイの強いお弁当でもなかったのですが、恐る恐る食べました。試しに隣の車両を観に行っても、1人しかお弁当を食べておらず。たまたまなのか、時間がずれていたのか。
缶ビールを飲んでいる男性も同じ車両に2人ぐらいしかおらず、かっての金曜日夜の帰りの新幹線の光景は少し違ってきたのでしょうか、不思議。。。

Written by intervistatokyo

2019/11/16 at  

開発プロセスにおいてマーケティング・リサーチをどう活用するか

先週、メーカー様向けに開発プロセスにおいて、顧客(消費者)を理解することの重要性と、どのタイミングでどういったリサーチをしながら顧客(消費者)の声を聴き、開発していけばいいのかについて、座学とワークショップを行いました。
座学では管理職の方もご同席いただき、後半のワークショップは若手中心で実施しました。
今回は1回めキックオフ研修ですので、今回の結果を振り返ってから次回WSをどう深めていくか事業部の方と打ち合わせをする予定です。

毎週末、ラグビーワールドカップの試合があったので、終わってしまって少し残念。
ワールドカップを通してラグビーの精神が少し理解できましたし、ルールもテレビ画面右下に丁寧に書いてあったので(カタカナだったので戸惑う用語もあったけれど、、)わかりやすかったのと、おそらくものすごい台数のカメラからとった映像が迫力がありわかりやすいので、ラグビーの面白さを私のような”にわか応援者”であっても感じられたのだと思います。
それとラグビーは割と得点が入るので(日本代表も強かったので!)、そのたびに熱狂し盛り上がれました。
様々な工夫をしてラグビーの良さを伝えてきたラグビー関係者はさぞかし今回のワールドカップで、新たなファンが増えたことが嬉しかったと思いますし、何よりベスト8に初めてすすめたことで一生懸命練習し自らを鍛えてきた代表選手の人達の努力が報われて本当に良かったです。

今週は、ある製品の第三回目のユーザビリティ調査です。しっかり準備したいと思います。

Written by intervistatokyo

2019/11/05 at  

カテゴリー: 研修, 気になりました

「モスキート音」で感じた年齢差!

関西に住んでいる友人家族と久しぶりに再会して、銀座で会食しました。
大笑いしてみんなでご飯を食べ終わって銀座をぶらぶらと歩いていると、友人の子供たち(小学生~中学生まで)が皆、「なんかこのお店の前で変な音がする!」「何やこれ~??」というのに、我々大人4人は、「ん??何が?何が聞こえるん?」とまったく会話が通じず。
どんな音って聞くと、なんか気持ち悪い音、キ~ンという感じというのですが、40代の子供たちの両親も、もっと年上の我々夫婦も全員キョトン・・。
すぐさま、中学生の長男くんがスマホで調べてくれました。「モスキート音っていうんや~、オトナには聞こえへんねんて~」っと言われて、大人たちは、一堂驚きました。
以前、コンビニ前や駅などで若者がたむろして居座らないようにするために、そういう若者にしか聞こえない周波数の音を発信していると聞いたことがあったものの、これだったんだ~と納得するやら不思議になるやら。

帰宅後ネットで調べてみると、モスキート音で耳年齢をチェックできる動画サイトまであって、やってみましたよ~。
かろうじて聞えてきた音による耳年齢は50代前半でした。段階的に少しずつ聞こえなくなるんですね。
やれやれ~これから聞こえない音域が増えるの?加齢による現象なので当たり前とは言えちょっとやるせない気持ちになったりもしましたが、モスキート音が聞える聞えないは、ほんとに見事に子供と大人で反応が分れていて、もう笑うしかなかったです。

Written by intervistatokyo

2019/08/24 at  

カテゴリー: 気になりました

オフィスの断捨離、ほぼ完了

事務所リフォームのために年末から片付け始めて、くしくも平成もまもなく終わるということもあり、まだ仕事は続けますが(笑)、平成30年間の仕事歴を請求書をみながら振り返ってしまいました。

最初は自宅で大きなファックスをリースで借りて(笑、当時は高かったんです)、次に友人の会社の事務所にデスクをおかせてもらい(パソコンもまだとても高かった)、そのうち屋号を作って自分の事務所を設立、そして法人化(のち有限から株式へ)、ふと気づくとパソコンもずいぶんたまってしまったので、これを機に処分することに。

ビックカメラで、ハードディスクを取り出し目の前で機械で物理的に穴を数か所あけて破壊してもらえると知り、車で持参しました。破壊したディスクを取り出したパソコンはビックカメラではひきとってもらえないため、もう一度持ち帰り、メーカーに処分してもらう予定。
今週だけで4台もっていきました。しかし昔のノートパソコンの重いこと、、昔といってもWindowsXP時代のものなのに。それからものすごく早いスピードで軽量化されたんですね~。今後は軽いノートパソコンなので持っていくのは楽になりそう、、やれやれ~。
ビデオテープ、フロッピーディスクの処分も結構手間がかかったけれど完了。紙の書類もかなり捨てました。
古くなった重~いシュレッダーも古いデスクも椅子も撤収してもらう予定。
リフォームは2月にスタート。スタートさえしてしまえば、あとは待つのみ!
片付けは疲れるのでほどほどで、もう完了とします。
今週は得意先の展示会に行ったり、今年のリサーチ・スケジュールの打ち合わせもしたり、色々決まってきました。

Written by intervistatokyo

2019/01/19 at  

カテゴリー: 気になりました

オフィスの断捨離を少しずつ

ずっとしたいと思っていたオフィスのリフォームを来年計画しているので、まずは断捨離を始めました。
春にも一度断捨離したのですが、リフォームするとなると狭い空間なので、もっと断捨離しないとダメそう。
最近の書類は、デジタル化されていますが、古い書類は紙なので、これはもうあらためてデジタル化するまでもなく捨てるしかありません(デジタル化する労力と時間が無駄)。取捨選択するとなると「あ~このときは大変だったな~」とか思い出してしまって捨てられなくなりますので、心を鬼にして・・。
軍手にマスクをして、ワイヤレスのイヤフォンで音楽を聴きながら、気合を入れてバシバシと(しかし心はしみじみとしながら)捨てております。

ですが、28年に渡る(紙の)請求書ファイル、どうすればいいのだろう~と悩んでいます。最近のは会計ソフトに入れてデータ化しているのですが、以前のはとっておくべきなのか、、。会計士さんに聞いてみよう。
あらためて見ると、こんなに請求書発行したっけと思うくらいたくさんあって(金額は別として・・笑)我ながらびっくりです。経費の領収書もありますが、これは確か10年保管が義務ですよね。はあ~。
すっきり何もないオフィスを目指したいけれど、この調子だと結局そんなに簡単にいかないかも。。。

Written by intervistatokyo

2018/12/09 at  

カテゴリー: 気になりました

色づきの鮮やかさ、いま一つでした

2018-11-24 14.07.132018-11-25 11.41.012018-11-25 11.52.51

昨日は外苑前のイチョウを観に行きましたが、今年は片側はあんまりきれいに色づいていなかった(写真左)ので、今日は北の丸公園に行ってみました。
木によって色づきは違うけれど、きれいに色づいているものも少しあったのでパチリ(写真中央)。もみじも綺麗に色づいている一画がありました、一部でも色づいていて良かった・・(写真右)

でも今年は全体的には都内のもみじやケヤキは、木によってかなりダメージのあるものが多く、色づきが悪いものが多いように見えます。なぜなのでしょうか、11月が暑かったから?台風の塩害?
北の丸公園を出てその後、竹橋側から東御苑に入って、中を歩いて大手門(三の丸尚蔵館の方)から出ましたが、中のもみじも今一つでした。色が赤くなっておらず、くすんで枯れているように見える木が多く残念です。

色づきはいま一つでしたが、デプス・インタビューのサマリーも提出しゆったりとした気分でたくさん歩けましたので、身体は軽くなりました~。

Written by intervistatokyo

2018/11/25 at  

カテゴリー: 気になりました