豊穣の秋

2021-10-09 11.29.192021-10-09 08.06.55

八ヶ岳南麓へ。秋晴れのきれいな空気をすって秋を味わいました。ゴルフもラウンドは久しぶりでしたが楽しめました。標高の高いところは紅葉し始めており、少しだけドライブもでき、お天気に恵まれました。

田んぼは、刈りとられるのをまつばかりの黄金色に輝く稲穂がとってもきれいで、新米が楽しみです。そばの畑は夏の白い畑からもうすっかり茶色になっていて、まもなく新そばの時期ですね。

今週は、木金が研修です。2チームに分けて少人数で試食もしながら進行します。

旅が恋しいですよね

食べ物と芸術の秋。友人が教えてくれた「甘美なるフランス展」(Bunkamura)、迷いましたが、久しぶりに渋谷へ。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスなど、28名の画家の作品が展示されていました。
デュフイの4つの屏風をつないだような朝から夜までに移り変わるパリの景色を描いた作品を見ていると、コロナ前に考えていたパリへの旅、やっぱりいつか実現したいな~という思いが再び出てきました。また、シャガールのオペラ座前の広場の絵を見ても、オペラ座でバレエが観たかった・・オペラ座のシャガールの天井画もみてみたいし、、とまたため息。コロナ終息まで当分無理でしょうけれど、、でも楽しみは先にとっておきましょう。今できることを、ですね。今できる事と言えば、ついつい美味しいものに気が向かっちゃいます。そろそろ栗ご飯も食べたいし。。

今週は、10月中旬の研修のための準備その他にとりかかる予定です。

築地場外市場へ

天気もどんよりだし、デパ地下行くのも心配だし、そうだ、築地へ行こう!と夫と久しぶりに築地へ行ってきました。
カツオの刺身、カツオのオリーブオイル漬け、マグロ、豆醤、イチジク、アボガドなど沢山買ってしょってきました。
夜にカツオのたたきを作り、マグロはアボカドとあえて、昼食にはカツオのオリーブ漬けをサラダにのせて食べてみましたが、美味しかった~。豆醤(豆で作った醤/ひしお)は、初めてですが、麺とからめたり、グリルした野菜にのせたり、豚しゃぶサラダにもいいということなので、何にあうか色々試してみたいです。
市場のいいのは、会話できるところ。お店の人にあれこれ質問しながら買うのは楽しいものです。
ですが、インバウンド観光客の人達とひしめき合いながら買い物していたコロナ以前とは全く違って、閑散としていました。早く賑わいが戻るといいのですが、なかなか先が見えない状況ですね。友達と笑い、おしゃべりしながら外食していたころの時間がとても恋しいです。

来週は、web調査の分析や新しい調査設計の打ち合わせをする予定です。

iPad Airが初期不良でダウンし、新品交換してもらいました

先週土曜日購入したばかりのiPad Airが木曜日にいわゆる”リンゴループ”になってしまい、ネットで調べたらハードウエアの問題だと自分ではなおせない可能性大とあったので、i-Tunesにつないであれこれやるのは辞めて(CタイプのUSBケーブルも持っていなかったし)、Appleサポートに電話しました。
電話では、とても感じ良く丁寧に対応してもらいアップルストアの予約もとってもらい、今日丸の内のアップルストアへ。
アップルストアでは内部の密を避けるため入口で予約者も並ぶことになっており、これは時間かかりそうかな~とちょっと焦りましたが、結局10分位待って中へ入ってさらに10分位待って、担当の人が決まりそこからはもう15分位で完了しました。結局、初期不良とすぐに判明し交換してくれることに。修理担当の方も、とても感じ良く的確でした。これで使える、良かった~。

丸の内は人が少なくて閑散。東京駅前の広場がとてもきれいになって、オリンピックまであと○○日という時計台があり、複雑な気持ちになりました。果たしてどうなるのでしょうね。オリンピック委員会会長森氏の女性蔑視発言にはあきれるばかり。この方、昔からたびたび女性蔑視発言されていましたので、国民として恥ずかしいです。
世界でも日本はジェンダーギャップ・ランキングが121位(2019年発表)なのは、こういう価値観の方々(他にもいる)が国の責任ある立場にいるからなんですよね。すぐに辞めていただきたいです。

小春日和でのんびり

11月末に久しぶりのオフライン(対面型)のインタビューのモデレーションをします。マーケティングリサーチ協会のコロナ対策予防ガイドラインに沿った形で互いの距離をとって3名でのグループインタビューです。
アクリル板設置はもちろん、全員マスク着用となるので、大きめの声で話さないとダメでしょうし、表情が伝わりにくいから、うなづきを多めかな~など工夫ポイント考えながら準備しているところです。
個人的には冬にそなえて、先週インフルエンザの予防接種もしてきました。

9月10月は案件と研修がたてこんでいたので、ほっとしたとたん疲れが出て、昨日はエネルギー切れしていたのですが、今日はとても気持ちの良い日だったので、四ッ谷駅からすぐの赤坂迎賓館の庭を散策してきました。西門から入ると思いのほか、人は少なくて並ばず入れました。広々とした主庭を噴水沿いに廻って、それから前庭へ。外でお茶している人も気持ち良さそう。コロナも落ち着いた頃、混んでいなければ迎賓館内にも入ってみようかと思います。

2020-11-14 12.35.202020-11-14 12.30.07

紅葉と新蕎麦

研修も終え、ひと段落しましたので、連休を使って八ヶ岳に行ってきました。標高1300メートルぐらいのところはすでに紅葉していました。楽しみにしていた新蕎麦も味わって、大満足でした。
2020-10-31 14.56.52

そして、いよいよです、アメリカ大統領選。
「マインド・ハッキング」(新潮社)クリストファー・ワイリー著という本を読んでいます。選挙のための戦略をコンサルティングするケンブリッジ・アナリティカという会社にいた元社員の告発本です。
フェイスブックなどの膨大な情報で特定のターゲットに特定の情報を流し続けながら、感情を扇動し、誘導しながら投票行動を戦略通りに仕向けます。こんな風にしてアメリカの分断は作られてきたのか、と驚くばかり。アルゴリズムによって見たいと思っている期待通りの現実を知らないうちに信じ込まされているのが恐ろしい。
今日でまだ半分読んだところなのですが、読み終わる前に大統領選の結果は判明するでしょうか。

秋晴れの日曜

今日は、ものすごく気持ちの良い秋晴れの日曜日でした。
不定期で参加する筋トレのオンラインレッスンの先生が体調を崩され、今日は急遽お休み。
早めに出られるので、ランチかねて日本橋方面に夫と出かけました。
久しぶりの丸善!どこを見ても本、本(当たり前)。久しぶりの大きな書店に脳が刺激を受けまくりました。
コロナ後どうなるのか?どうすれば格差がなくなるのか?日本の農業の種苗ってどうなるの?などなど目につくだけでも色んな専門家がこんなにも次々と沢山の書籍を出していて、しかも今は世界の変わり目だし、それを分析し考えぬいている知の世界にしばし浸りました。

今週は、商品開発のための研修の最終回(8回目)があります。簡単な定量調査のコンセプト・テストの結果発表をして、その後チームごとに定性調査に向けてのワークショップを行います。

4連休あけアタフタでした

夏休み以来、再びのゴルフを遠くに富士山も見えるコースでしてきました、この4連休でかなりリラックスできました。東京に戻ったとたんに、歯の詰めものが取れ(笑)歯医者に行ったり、天井のライトが切れて近所の電気やさんに来てもらったり(助かった)、あたふた。

2020-09-21 14.44.282020-09-19 12.48.27

今週の仕事日は3日間だけなので、来週のオンライン・デプスインタビューの打ち合わせや準備、10月のインタビューの対象者選びなどを集中して終わらせました。
来週のオンライン・デプスインタビューは、初めてアスマークのプラットフォームサービスを使って実施します。
バックルームで聞かれるクライアントの方も多いので(その姿が対象者に見えずに行えるよう)今回このプラットフォームを使ってみることに。アスマークとの事前の接続テストもして、画面共有やチャットのボタンなどの使い方なども覚えたつもりです。クライアントにとって役立つヒントが沢山得られるよう、がんばります。

アイデア・テスト。そして、コンセプトテストへ

8月のワークショップで新製品のアイデア出しをし、各チームのアイデアを来週、簡易版定量テストにかけて選抜することになっています。
前回のワークショップ後、各自考えたアイデアを再考し、文章化してもらって、本日やっと全案が完了。
今回はある属性のターゲットの特定オケージョンにおける食品コンセプトなので、求められているニーズも明確。
簡易版テストをしてから、次回ワークショップ後に選抜したアイデアのさらなるコンセプトテストを行います。

先週末、夏休みで八ヶ岳南麓でゴルフをしてきました。大きな空の下、きれいな空気のもとでのゴルフは大変気分転換になりました。しかし今年の八ヶ岳南麓は湿度が増した気がします。いつもはもう少し涼しく爽やかなのですが、、。
気候変動のせいかと、また気になってきています。夕方、人の顔みたいな面白い雲を見つけました。

2020-08-29 16.03.24

ネマニャ・ラドゥロヴィチのヴァイオリン演奏会

2020-02-01 19.58.38
ネマニャの大ファンの友人が、今回の日本ツアーのチケットを複数日取っていたのですが、今日のコンサートに行けなくなってしまったため、急きょチケットを譲っていただいて東京芸術劇場(池袋)に行ってきました。
前から4列目!うわ~近い。
読売日本交響楽団との演奏会で、今日は「ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲」でした。
厚底のブーツにピッタリのパンツとジャケット、そして結んだヘアスタイルが個性的!
演奏が始まると、もう目が離せませんでした。
管楽器のパートの人の方を向いて後ろ向きで演奏したり、第一ヴァイオリンのコンサートマスターににこやかにアイコンタクトをとったり、まるでオケと語り合うような演奏で、楽しい!
時に足をふみならしながら情熱的に奏でたり、かと思うととても繊細な内面を感じたり。
そしてこの曲、超速の超絶技巧の連続だと思うのですが、いとも簡単に奏でているように見えるのがまたすごい。

彼女から話には聞いていたけれど想像以上にすごかったです。
演奏では饒舌に歌って語っているようなのに、いったん演奏が終わるとものすごくシャイで控えめな感じ。
そのギャップがとてもチャーミングでした。
アンコールはバッハの「無伴奏バイオリン、パルティータ」だったのですが、これがまた良かったですよ~。