マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for the ‘食べてみました’ Category

とりたての長芋で、来年も滑り出し良く。

2017-12-09 16.58.32 - コピー

写真では大根みたいに見えますが、松本(に隣接する山形村)のこんなに長い長芋をいただきました。
スーパーで売っている長芋はだいたいカットしてあるので、もみ殻で包まれたこの長芋をみた時はびっくり!
65センチもありました!
早速グリルで焼いて生七味をつけて食べたり、鶏ささみとソテーし醤油を少しかけて食べたり。
生でいただくのも好きですが、焼くと少し焦げた時の香ばしいかおりがまたいいんですよね~。
贈ってくださった方の地元松本ではお正月に「年初滑り出し良く」と必ずとろろを食べるのだそうです。
なるほど!年初滑り出し良く!もちろん、とろろでもいただきます。

この週末は、クリスマスプレゼントを全て買い揃え、遠くにいる甥と姪と夫の両親と兄弟には包装して箱に入れ郵送の準備。近くの甥と姪にもほぼ買い揃えました。これが終わるとほっとします。
今週は、明日のトップラインレポートの報告会後、フルレポートに完成させる仕事が待っています。

Written by intervistatokyo

2017/12/10 at  

カテゴリー: 食べてみました

”ダガヤサンドウ”巡り

このところ食べ歩きのネタが多くて恐縮です(食欲の秋!)。
先日千駄ヶ谷と北参道界隈の「ダガヤサンドウ」と言われているエリアに、ハワイから来ている友達と行ってみました。
まずは築地での遅い朝ラーメンを食べて(昨年初めて行った”井上ラーメン”が火事で閉店してしまったため「えび金」に行く予定でしたが、そこも閉まっていたため結局、若葉というラーメン屋さんで食べました)、その後、少し歩いて「天まめ」という手作り寒天屋さんで”豆かん”を食べました。お店で生寒天を手作りされているだけあって、とても素朴な天草を感じられるお味。寒天って腸も守ってくれて、こんなにいいものなのに、でも地味なんですよね~と店主の方が何度もおっしゃっておられたのが印象的でした。

2017-11-07 11.41.362017-11-07 13.49.05
銀座まで歩いてからメトロに乗って「北参道」駅で降り、まずは、鳩森八幡神社へ行ってみることに。
この神社には富士山にみたてて岩を積み上げた富士塚があり、登りました。富士山の溶岩も運ばれています。
江戸時代には富士山は女人禁制だったとか。代わりにここに登ることで富士山のパワーをもらっていたそうです。
ミニチュア富士山に登った後、友人は鳩の形にデザインされた可愛らしいおみくじをひいたら大吉だったこともあって、パワーもフルチャージ!
プチ登山でカロリーも消化したため(言い訳全開)、あらたなる美味しいものを探して、また歩きました。

2017-11-07 15.22.252017-11-07 15.21.41
次に巡りあったのは、牛乳と砂糖を使わず、ココナツミルクと生蜂蜜で作ったアイスクリームショップ「Kippy’s」。
テイスティングさせてもらえるので、3種類ぐらい試して、私は、ココナッツハニーとシナモンにしました。
ものすごく自然な甘みとす~っと溶けていくのがたまりません、ココナッツのくせは感じませんでした。
ココナッツクリームは脂肪を燃えやすくしてくれ、身体の毒素を取り除く助けもしてくれるそう!いいことづくめ。
その後、バッグの店や紙の店をみて、原宿まで歩き、表参道から帰宅。
沢山食べて、笑って、おしゃべりして、16000歩も歩けたので̟大満足です。
今週は研修企画書も出さなくてはなりませんし、月末実施の調査の準備もあります。師走気分になってきました。

Written by intervistatokyo

2017/11/12 at  

和栗を味わう

今週は、闘病されていたリサーチャーの先輩を囲む会に誘ってもらい元気になられた先輩に久しぶりに会えて感激しました。また、私よりも若いリサーチ仲間とも久しぶりに会って美味しい中華をいただいたり、さらに前の会社の友達3人でランチをして情報交換したり、色んな意味で刺激を受けたり、あったかい気持ちになれた週でした。
今日は神宮前に行った帰りに表参道国連大学前のファーマーズマーケットをのぞいてみたら、焼き栗のお店で”雨の日セール”で焼き栗が半額だったので即ゲット。茨城で長年栗を作っている農家の方でした。茨城は日本でとれる栗の4分の1の生産量を占めているんですね。いい感じに香ばしく焼けていてそのままパクパク食べちゃいます。

2017-10-21 13.31.292017-10-21 14.45.27
栗と言えば、先日行った谷中銀座の「和栗や」、そのときは入れなかったので、再チャレンジ。リキュールなど一切加えずに作ったモンブランは栗本来の繊細でとても優しいお味でした。10分ぐらい並びましたが、みんな外で並んでいるのを知っているので、食べたら長居せずさっと出るお客さんの譲り合い精神もいい感じ。

2017-10-11 13.32.49

こちら(下の写真)は、今日通りがかって買った青山の「まめ」という和菓子やさんの栗大福。こちらも丁寧に作った手作りの素朴な味。あ~栗羊羹も買えばよかった、、。

2017-10-21 14.39.10
そして下の写真は、栗の剥き方がトラ刈りになっていますが、やはり栗の大好きな夫と”あ~だこ~だ”言いながら二人で皮を剥いて土鍋で炊いた「新米の栗ご飯」。やっぱり栗ご飯、秋の味覚だから剥くのは大変だけれど新米で食べたくなります。

2017-10-15 18.32.05

Written by intervistatokyo

2017/10/21 at  

カテゴリー: 食べてみました

「こねないパン」の生地でピザを作りました

2016-11-13 13.39.472016-11-13 16.36.562016-11-13 18.52.05

先週実施したグル―プ・インタビューも無事終了し、今週末は落ち着いて過ごせそう、ということで、
栗原はるみさんの本「こねないパン」のパンをいきなり作るのは勇気がいるので、同じ生地でピザを作ってみました。
本には、パン1個の生地でピザ4枚分ができるとあったので、まずはその半分の量でトライ。
最初、2時間発酵、次にひっぱって丸めて閉じたりした後に1時間発酵、最後もう一度ひっぱって丸めて閉じて1時間。都合4~5時間は家にいるときでないとできないのですが、それでも発酵しているうちに他のことはできるのでそんなにずっと調理しているという感じでもないですね。

上にのせたのは、最初2時間発酵しているうちに買いに行ったモッツアレラチーズ、トマトペースト(1枚分が小袋に入っている使いきりのカゴメのもの)、生ハム、ルッコラ、ブラックオリーブ(QPのサラダクラブというカットされて入っている袋入りのもの)。そしてうちのベランダでまだがんばっているバジルを上に。
ルッコラやバジルは、焼いてからのせた方が見た目は良かった・・。なので焼いた後にたっぷりのせて食べました。

粉は、国産有機小麦の準強力粉というのを買い、強力粉とどこが違うのかもわからず試したので不安でしたが大丈夫でした。結果的には生地が(自分で作ったので思い入れもあり)、とても香ばしくおいしくできました!

栗原はるみさんが本の最後に、レシピ完成までに300個、修行のように作り続けたと書いておられ、その努力のおかげでこうして「誰が作ってもできる」ようになっているわけですね。300回はすごいです。

Written by intervistatokyo

2016/11/13 at  

カテゴリー: その他, 食べてみました

秋の味覚でひと息ついて

2015-10-22 20.34.31

サマリー・レポートもどうにか提出し、ようやくちょっと一息で心底ほっとしました。9月、10月は忙しかった、、。
ちょうど海外から帰国していた友達と仕事友達と三人で今夜は食事。
締めの栗ご飯、美味しかった・・。
彼女が久しぶりに東京に戻ってきて驚いたことのあれこれを聞いたり、お互いの近況報告もして、美味しいものをいただいて・・・。
こういう時間は、ほんと貴重です。
iPad miniで友人が行った金沢の素敵なホテルと美味しそうな食事の写真を見せてもらいながら、京都の割烹でのめくるめく数々の食事の写真を見せてもらいながら、ああ~私も秋の旅がしたい!そんな気持ちがむくむくとわいてきました。

Written by intervistatokyo

2015/10/22 at  

カテゴリー: その他, 食べてみました

夏バテしないように

2015-06-07 17.25.092015-06-07 17.32.14

セミもみんみん鳴き出し、ど~んと暑くなった今週。
先週末2日連続でのセミ・グループインタビュー(3名)では、対象者集めに難航したがなんとか終えられほっとしました。
ウエブで集めるのか、機縁法にするのか、見極めが難しい案件もあります。今後の課題です。

来週1週間、夏休みをいただくため、今週は仕事を終えるのにかなりバタつきました。
1週間休んでリフレッシュし8月に備えなくては。

写真は、ガスパチョ。作ってみたところ簡単で美味しいので夏はこれ、いけます。
トマトだけだと赤い色が出ないのですが、赤パプリカを入れるといいと聞き入れてみました、確かに色が鮮やかに。
さらに、氷を2個ぐらい入れると作りたてでも冷たく食べられます。きゅうり、玉ねぎ、オリーブオイルも入れて。

Written by intervistatokyo

2015/07/24 at  

カテゴリー: 食べてみました

高知と四万十へ

2014-05-02 09.37.39

ゴールデンウイークは、「リョーマの休日(笑)」で高知へ。父の兄である私のおじ様とその妻であるおば様のダブル米寿のお祝いで親戚総勢30名が集合。いとこやその子供たちも集まってのにぎやかなお祝い会となりました。
夫婦揃ってお元気で米寿を迎えられたことは、我々にとっても本当にうれしいこと!
お祝い会の前日夜、熱気むんむんの「ひろめ市場」で藁焼きの塩たたきやどろめ、土佐巻(カツオを巻いた太巻き鮨)、川エビなどを堪能。塩たたきは、”明神丸”や”やいろ亭”などいろんな店のものを食べ比べてみました。
どの店からも注文でき中央の席で思い思いの皿を食べる方式で、これが予想以上に楽しい!
ついつい隣の席の人と話してしまう距離感で、大阪から来た3人家族と仲良くなってしゃべりながらあれこれ食べ比べ。
酒場放浪記の吉田類さんがふらっと出てきてもおかしくない雰囲気だったぜよ~(土佐弁)。

2014-05-03 14.23.532014-05-01 19.08.422014-05-01 19.12.16

お祝い会の前日には、父の故郷である中村(今の四万十市)にも行ってきました。父が故郷に帰る時何度も何度も眺めたであろう車窓の景色を見ながら、土佐くろしお鉄道にのること1時間45分。中村駅からのった「土佐弁」とも”ちっく”と違う「幡多弁」のタクシー運転手さんの方言にまずうるっと来て、ついに子供のころ祖父母の家に遊びに行った時に泳いだ川や祖父母の家のあった場所にたどりついた途端、私の「心の風景」と完全にシンクロして涙が出てきてしまいました。目に見えている風景は変わっているのだけれど、でも心の風景がそこにはあった。父と仲が良かったとは言え、こんな思い出旅行につきあってくれた夫にも感謝です。
写真は四万十川にかかる赤鉄橋と川。

2014-05-02 15.21.192014-05-02 15.13.16

お祝い会の次の日には、高知の名物日曜市をぶらぶら。天気も良く、外歩きにもってこいの爽やかな日。
新鮮な野菜や果物(高知の小夏は今が旬)を売るお店が1キロ以上高知城下の道に並びます。
300年以上続いている日曜市で店の数は400以上の日本最大級の規模だそうです。
こんな市が日曜日に近所で開催されていたら、週末ごとに来るのに~と思いつつ、ぴちぴちの野菜を買って戻ってきました。

Written by intervistatokyo

2014/05/05 at