マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for the ‘食べてみました’ Category

代々木でタイ料理

これだけ暑いと甘酸っぱく、スパイシーで辛いものが食べたいな~と思っていたら、まるで願いが通じたかのように、代々木でタイ料理一緒にどうですか?とのお誘いが!
誘ってくれたのは、一緒に仕事しているプロジェクトの若い人達。
初めて行った「ソムタムダー」は、去年できたばかりのお店でカゴを使ったインテリアがとてもかわいい。
人気のお店みたいで、金曜日ということもあって予約客で満席でした。
タイのイサーン(東北)地方の料理をメインにしているお店で、ソムタム(青パパイヤのサラダ)やラ―プ(ひき肉とハーブのサラダ)やコームヤーン(豚肉を焼いてスライスしたもの)などなど、沢山食べちゃいました。
どれも美味しくて、暑い夏の金曜夜の解放感にピッタリ。特にソムタム、私は好きでいっくらでも食べられます。タイビールやパクチーやミントが入ったカクテルを飲みながら、仕事とはまったく違う話で大いに盛り上がりました!

Written by intervistatokyo

2018/07/06 at  

競合製品(カテゴリー)の試食

プロダクトアウトでなく、消費者起点で新製品開発をする実践的な研修のアドバイザリーを今年からさせていただいてまして、コンセプトの段階まできています。
競合含めて参考になるようなカテゴリーの食品を先週から試食しまくっています。
何年も前に、ある企業の菓子の調査をした時、甘い競合製品を食べすぎて虫歯がいっきに増えてしまいましたが(笑)、今回はそういうことにはならない食品カテゴリーですので、安心して食べております。

先週あらためてコンビニやスーパーを廻ってみましたが、いかに普段の買い物では決まったところしか見ていないことか!
いつも見る決まった棚の2~3の候補からだいたい決まった製品を買うという購買行動に落ち着いている人は多いはず。売り場で新製品に気づいてもらうことは大変なこと。まして、普段立ち寄っていない棚を見るように興味を持ってもらうことはもっと大変なはず、習慣になっている行動を変えてもらわなくてはなりませんから。
今週はそれぞれが食べてみた感想を持ち寄って、さらにコンセプトが具体的になっていく予定。楽しみです。

Written by intervistatokyo

2018/06/24 at  

実山椒を塩漬けに

先週末、出かけた先の道の駅で実山椒をみかけ、この時期だけなので即ゲット。

2018-06-12 20.02.592018-06-12 21.16.242018-06-12 22.33.06

クックパッドで調べて、湯がいてから塩漬けにしてみました。湯がいてから水にさらしてアクをとります。
湯がいてから小枝を取るのが少しだけ手間ですが、そこは多少残っても大丈夫みたいなので、神経質にならずに。
湯がく時間と水につける時間を変えると辛味も調整できるようですが、なんせ初めてなので今回は実験的に10分程度湯がいてみました。白いご飯にのせたり、お刺身と一緒にいただいたり、これ、あっと言う間になくなりそう。

Written by intervistatokyo

2018/06/16 at  

門前仲町から清澄白河

今週は、ウエブ・リクルートのためのスクリーナー票を作成し画面チェックも行って応募がスタートした。
出現率の低い調査対象なので、なんとかうまく行きますように。

半年ぶりにハワイから帰国している友人と、門前仲町から清澄白河までを散策。
まずは深川不動尊へ。参道にある店で、早速”つげ”のコンパクトなブラシを買ってしまいました。
つげの櫛はよくあるけれど、こんなに小さいブラシは見たことがない。お店の若いお兄さんの説明を聞くと椿油をしみこませてあるので髪がツヤツヤになるし、頭皮マッサージ効果も抜群とか。友人と私でそれぞれゲット。
若いお兄さんの説明が上手なのと店頭で実際に使えたのが購入の最後のひと押しだったかも、、椿油も買いまして、私ぐらいの年代の髪の毛関連グッズの購入費アップは納得です(と勝手に分析して苦笑)。

お昼に深川飯を食べてから、清澄白河まで歩き、途中ブルーボトルコーヒーはすでに2人とも他店で飲んでいたため入らず、校外学習気分で深川江戸資料館を見た後、手作りの和菓子が食べられるお店へ。
私は、葛切りを。この葛切り、上に梅干しが乗っていて、種を取った梅干しの中にあんこが入っているという凝り方。
甘いのと酸っぱいのが絶妙でつるつるっと入ります。友人は季節の和菓子と珈琲のセットを。
2018-04-20 18.00.222018-04-20 20.04.51

その後、清住白河庭園に行き中をぐるっと歩いてから、夜ご飯は、清澄白河のbotanというお店へ。
目の前の大皿に盛られた色んなおかずを少しずついただきながら、色んな話が出来ました。
特に”めひかり”の南蛮漬けや、花山椒を入れてお出汁で鯛をささっと湯がいて食べる小鍋が美味しかった。

Written by intervistatokyo

2018/04/21 at  

とりたての長芋で、来年も滑り出し良く。

2017-12-09 16.58.32 - コピー

写真では大根みたいに見えますが、松本(に隣接する山形村)のこんなに長い長芋をいただきました。
スーパーで売っている長芋はだいたいカットしてあるので、もみ殻で包まれたこの長芋をみた時はびっくり!
65センチもありました!
早速グリルで焼いて生七味をつけて食べたり、鶏ささみとソテーし醤油を少しかけて食べたり。
生でいただくのも好きですが、焼くと少し焦げた時の香ばしいかおりがまたいいんですよね~。
贈ってくださった方の地元松本ではお正月に「年初滑り出し良く」と必ずとろろを食べるのだそうです。
なるほど!年初滑り出し良く!もちろん、とろろでもいただきます。

この週末は、クリスマスプレゼントを全て買い揃え、遠くにいる甥と姪と夫の両親と兄弟には包装して箱に入れ郵送の準備。近くの甥と姪にもほぼ買い揃えました。これが終わるとほっとします。
今週は、明日のトップラインレポートの報告会後、フルレポートに完成させる仕事が待っています。

Written by intervistatokyo

2017/12/10 at  

カテゴリー: 食べてみました

”ダガヤサンドウ”巡り

このところ食べ歩きのネタが多くて恐縮です(食欲の秋!)。
先日千駄ヶ谷と北参道界隈の「ダガヤサンドウ」と言われているエリアに、ハワイから来ている友達と行ってみました。
まずは築地での遅い朝ラーメンを食べて(昨年初めて行った”井上ラーメン”が火事で閉店してしまったため「えび金」に行く予定でしたが、そこも閉まっていたため結局、若葉というラーメン屋さんで食べました)、その後、少し歩いて「天まめ」という手作り寒天屋さんで”豆かん”を食べました。お店で生寒天を手作りされているだけあって、とても素朴な天草を感じられるお味。寒天って腸も守ってくれて、こんなにいいものなのに、でも地味なんですよね~と店主の方が何度もおっしゃっておられたのが印象的でした。

2017-11-07 11.41.362017-11-07 13.49.05
銀座まで歩いてからメトロに乗って「北参道」駅で降り、まずは、鳩森八幡神社へ行ってみることに。
この神社には富士山にみたてて岩を積み上げた富士塚があり、登りました。富士山の溶岩も運ばれています。
江戸時代には富士山は女人禁制だったとか。代わりにここに登ることで富士山のパワーをもらっていたそうです。
ミニチュア富士山に登った後、友人は鳩の形にデザインされた可愛らしいおみくじをひいたら大吉だったこともあって、パワーもフルチャージ!
プチ登山でカロリーも消化したため(言い訳全開)、あらたなる美味しいものを探して、また歩きました。

2017-11-07 15.22.252017-11-07 15.21.41
次に巡りあったのは、牛乳と砂糖を使わず、ココナツミルクと生蜂蜜で作ったアイスクリームショップ「Kippy’s」。
テイスティングさせてもらえるので、3種類ぐらい試して、私は、ココナッツハニーとシナモンにしました。
ものすごく自然な甘みとす~っと溶けていくのがたまりません、ココナッツのくせは感じませんでした。
ココナッツクリームは脂肪を燃えやすくしてくれ、身体の毒素を取り除く助けもしてくれるそう!いいことづくめ。
その後、バッグの店や紙の店をみて、原宿まで歩き、表参道から帰宅。
沢山食べて、笑って、おしゃべりして、16000歩も歩けたので̟大満足です。
今週は研修企画書も出さなくてはなりませんし、月末実施の調査の準備もあります。師走気分になってきました。

Written by intervistatokyo

2017/11/12 at  

和栗を味わう

今週は、闘病されていたリサーチャーの先輩を囲む会に誘ってもらい元気になられた先輩に久しぶりに会えて感激しました。また、私よりも若いリサーチ仲間とも久しぶりに会って美味しい中華をいただいたり、さらに前の会社の友達3人でランチをして情報交換したり、色んな意味で刺激を受けたり、あったかい気持ちになれた週でした。
今日は神宮前に行った帰りに表参道国連大学前のファーマーズマーケットをのぞいてみたら、焼き栗のお店で”雨の日セール”で焼き栗が半額だったので即ゲット。茨城で長年栗を作っている農家の方でした。茨城は日本でとれる栗の4分の1の生産量を占めているんですね。いい感じに香ばしく焼けていてそのままパクパク食べちゃいます。

2017-10-21 13.31.292017-10-21 14.45.27
栗と言えば、先日行った谷中銀座の「和栗や」、そのときは入れなかったので、再チャレンジ。リキュールなど一切加えずに作ったモンブランは栗本来の繊細でとても優しいお味でした。10分ぐらい並びましたが、みんな外で並んでいるのを知っているので、食べたら長居せずさっと出るお客さんの譲り合い精神もいい感じ。

2017-10-11 13.32.49

こちら(下の写真)は、今日通りがかって買った青山の「まめ」という和菓子やさんの栗大福。こちらも丁寧に作った手作りの素朴な味。あ~栗羊羹も買えばよかった、、。

2017-10-21 14.39.10
そして下の写真は、栗の剥き方がトラ刈りになっていますが、やはり栗の大好きな夫と”あ~だこ~だ”言いながら二人で皮を剥いて土鍋で炊いた「新米の栗ご飯」。やっぱり栗ご飯、秋の味覚だから剥くのは大変だけれど新米で食べたくなります。

2017-10-15 18.32.05

Written by intervistatokyo

2017/10/21 at  

カテゴリー: 食べてみました