自分の言葉で語ってないでしょと感じる時

この週末も「まん防」ですし、遠くへは出かけずに、家でしつこく片付けと煮込み料理をしています。圧力鍋の価値を再認識してから、ポトフ、煮豚などを引き続き圧力鍋と鋳物鍋(STAUB/ストウブ)と両方使って比較しています。
今日、タサン志摩さんの「何度でも食べたい極上レシピ」(マガジンハウス社)を買ってみました。美味しそうなレシピを色々試してみたい。冬は煮込んだあたたかいものが身体に沁みます~。特に今年は寒いですしね。

ところで、インタビューで感想を聞いた時に「”普通に”美味しいです」とか言われると「ん??どういう意味で普通?」と疑問でいっぱいになるので、意味を掘り下げます。思ったよりも美味しかったけれどすごく好きではないという意味なのか、もっと大きく期待していたのに、まあ普通(標準的)なのでがっかり、なのか。「普通に」に、全然違う含意があるのか。そういうポンと出てくる反応の中には曖昧なものが多いので、考えて具体的に説明してもらうようにしています。
テレビでも、なんでもかんでも「癒されます」や「勇気(とか元気)をもらえた気がします」など定型の感想コメントが多くて残念だな~と思います。対象的にできるだけ自分の言葉で自分の感覚を説明しようとする人もいます。この差は何なのでしょう。自分の意見を言うと批判されるのが嫌なのか、そこまで深く考えていない、つまり関心がないからそういう反応なのか、自分の言葉で表現できないのか。どんな意見でも受け止められると思うのですが、不思議です。少なくとも子供の頃から大人が押さえつけてしまうと、考えた上での自分の意見を言おうとは思わなくなりますよね、きっと。
「~~だと思います、なぜならば、~~だからです。」の理由こそが大事です。そう考えた背景を理解してこそ意見の意味がわかるはず。インタビューでもどちらがいいと思いますかの問いに対する理由を聞くと、嬉々として語る人(あるいは場面)と「え~っそんなこと言いたくない」、「言えない」という表情になる人(あるいは場面)とあって、毎回不思議ですが、恐れず、あるいはゼロベースで率直に理由を掘り下げて聞くことが大事です。意外な理由が語られることも多いです。人はみんな違うな~と思います、だからこそ聞いてみないとわからないんですよね。

アルゴリズムに飲み込まれない

あれこれ、とりとめなく過ごした週末でした。
メープルシロップとメープルシュガー入りのクッキーを作ってみたり、圧力鍋の料理研究家の先生のインスタライブを見ながらコメントを送ってみたり、近所に新しくできたカフェの様子を見に行ったり、ピラティス風オンラインレッスンに参加したり、散歩したり、「ヒトの壁」養老孟司著(新潮新書)を読んだり。

遅ればせながらインスタを使いはじめて2年。最近はインスタ広告にちょっと疲弊しています。「いいね!」を押す内容や触った広告から数珠つなぎに膨大な広告が送られてきて、誘導されたオンラインショップで購入ししようものなら、もう大変。似たような広告が更にどんどこ送られてきます。これ、私はもう興味ないよ~と思ったものまでずっと送ってきます。調べたら、広告を非表示にできることがわかったので、明らかに興味ない広告は非表示に。しかしこの操作もひと作業です。

こういったアルゴリズムによる誘導はYouTubeのコンテンツ提示でも感じます(YouTubeは広告表示が嫌なので有料に)。スポーツや音楽や料理や趣味の世界ではこんなに素晴らしいプロの教えや学び情報が得られて、なんて良い時代なんだと思うコンテンツも多いのですが、政治や世論形成のために発信されているような情報は玉石混交で、すごく良いものもある一方、偏った情報だとはうすうす気づいていても、アルゴリズムで提示される情報を見続けているとそのままズブズブとはまっていく場合もあります。考えを狭めるのはネット上では簡単ですが、いったん広げようと思った時、かなり意識的に行動を起こさないと広げられない気がします。コロナ禍、そんな危険を感じました。なので、時々あえて逆主張のコンテンツを見て、アルゴリズムに抗ってみたりしています(笑)。ややこしいわ~。

今週も、引き続き複数動きそうな調査の企画をすすめます。

棚の中の整理整頓で

予想通り、感染者が急激に増えてきました。3連休最終日の明日はちょっと出かけますが、昨日と今日は家でゆっくり棚の断捨離と整理をしていました。本も2箱買い取りに出し、古い寝具や家電も整理しました。
年末、友人から圧力鍋の料理本「圧力鍋の生涯作り続けたいレシピ100」(主婦と生活社)を教えてもらったので、棚の奥で眠っていた古い圧力鍋を引っ張り出して、黒豆、筑前煮、ゆで豚で、おそるおそるまだ使えるか試してみました。
黒豆や豚塊肉のゆで豚だと15分の加圧時間、筑前煮に至ってはたったの1分30秒の加圧で面白いようにできちゃうことがわかったので、圧力鍋もっと使おうっと思い、収納場所を出しやすいところに格上げしました。棚の整理でちょっと得した気分!です。
今週は、新しい調査の打ち合わせを実施します。

「売れるパッケージデザイン」小川 亮著(日経BP)を読みました

2021-10-02 19.36.52

10月に実施する研修でパッケージ調査のことも少しお話することもあって、私の体験だけではなく、理論的な背景も知っておきたかったので、この本をKindle版で読みました。とてもわかりすく具体的で、メーカーの方がデザイナーにオリエンする時に何を用意し、どう説明して巻き込んでいくかまで説明されていました。

そもそもパッケージがマーケティングにおいてどのような役割を果たすべきなのか、またパッケージ調査を実施する場合には、何に気をつけたらいいのか、コンセプトの合致や評価軸についても体系的にわかります。

やっと緊急事態宣言が解除して、2年近く会っていなかった女友達とテラス席であ~だこ~だとおしゃべりしながら会食出来たのが嬉しかったです。やっぱり会って話せるのが一番ですね。この秋は、少しずつご無沙汰している友達とも再会したいところです。もちろん気をつけながら、ね。

緊急事態宣言下でのGW

GWもあと1日。色々な用事(出産のお祝い購入、誕生日プレゼント購入など)を済ませて、オンラインでピラティスレッスンやゴルフの練習をしたりしていたら、あちこち筋肉痛になって、あっという間にGWは終わりそうです。
友人からのお薦めで電子書籍で購入していたカズオ・イシグロ著「クララとお日さま」も読めました。主人公クララの純粋な優しさ、そして任務を遂げた時の寂しさが切ないですが、美しいです。お日さまがとても身近な存在なので、クララの気持ちに寄り添えてしまうのも巧みな構成です。遺伝子操作や、環境破壊などを暗示する記述もあって、人間の愚かなふるまいにも警鐘をならしています。著者の別の作品(「日の名残り」と「私を離さないで」は読了しているのでそれ以外)も読みたくなりました。
また吉田都監督率いる新国立劇場バレエ団の「コッペリア」がGW中、全公演無料ライブ配信されていますので、それも楽しんでいます。各日違う配役で観られますので、贅沢ですね~。遠い席だと見づらい表情なども大きく映してくれているので、コロナ禍では、ライブ配信もいいですね。

GWが終わると12日には、第二回目の研修が待っていますので、その準備をします。その週末(インタビュー対象者がフルタイムワーカーなので週末に実施)には、別調査案件でオンラインでのグループ・インタビューも待っていますので、インタビュー・フローを完成させなくてはなりません。すぐにバタバタしますので、今のうちにゆっくりしたいと思います。

「コロナ対策各国リーダーたちの通信簿」(光文社新書)を読んで

2021-02-03 12.02.05
緊急事態宣言が延長されました。自粛の必要性は理解していますし、これからも気をつけるのは当然なのですが、1年前と違うのは、気持ちの問題。友達とは1年以上会っていないし、これ以上どのような具体的な目標に向かって行動をどう変えたらいいのかについて、明確で信頼できるメッセージは政府からは伝わってきていないというのが正直な気持ち。
そんな中、私も仕事をしたことのあるベルギー在住の栗田路子さんが、欧州と米国に居住する7人の日本人女性ジャーナリスト達の目を通してみた現地リーダーたちのコロナ禍のふるまいやスピーチ、そして市民社会のあり方をまとめた本を出版されました。
英国、フランス、ドイツ、ベルギー、スウエーデン、ニュージーランドの各国の対応を読んで、私はリーダー達の人間味あふれるスピーチや誠実な対応に心が動かされました。特にドイツ、ベルギー、ニュージーランドの女性リーダーは、政治家の前に1人の国民としての目線を常に忘れていないので、親近感を感じるのでしょう。
日本との大きな違いを感じます。データに基づいた情報は国民に隠さず公開し、共有するという最も大事な部分がかけているので、どうしても疑心暗鬼になってしまう。透明性がないので、信頼感が国民の側に育たない。また国民には罰金など制裁を与えるのに、国会で平気で嘘をつく人が裁かれないのでは、信頼関係が持てるわけはないのです。
私たち国民も、ちゃんと考えて投票しないと変わっていきません。
今回執筆された7人の女性ジャーナリスト著者の方々は、常日頃、海外に住んでいるからこそ見えている文化の違いや政府のふるまいの日本との差を色んな場面で感じてこられたことがよくわかり、とても参考になりました。

「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る(プレジデント社)

2021-01-19 14.14.01

台湾のコロナ感染対策において、デジタル担当であるオードリー・タンさんがどんな風にITツールを使って感染対策を成功に導いたのかに興味があり、この本を買いました。
私はITやアプリによって国や企業が情報を把握することに対して割と懐疑的な方ですが、渡す相手との信頼関係があれば、ITの果たす力が全く違ってくるということがわかります。
政府や行政が何を何のために行っているのか、データをすべて開示してくれるならば、国民との信頼関係も構築できて、情報も提供したくなるのでしょうね。
オードリー・タンさんのIT活用の根底にある考え方にはインクルーシブ(包括的でマイノリティや弱者を置き去りにしない)であり、色んな人の意見を傾聴して解決してあげようとするあたたかい気持ちがしっかりとあるように思います。デジタル担当責任者がこんな人だったら、全然違うなあと思いました。

さらに、台湾では、民主主義を国民一人一人の責任で前進させようとしています。国民一人一人が社会のためだと思ったら行動を起こしたり、意見を前向きに伝える気質が台湾の人にはあって、「鶏婆」(自分に直接関係することでなくても良い意味でおせっかいになって意見を行ったり行動を起こす)という言葉もあるそうです。
見てみないフリするとか、ネットで匿名でひどい悪態をつくだけというような行動は、いい世の中にするための貢献には全くなりません。住み心地の良い国は、ひとりひとりが投票し、意見を行って行動を起こすという気構えがないとダメなのだと痛感しました。

「誰もが人を動かせる!」森岡毅著(日経BP社)を読みました

2021-01-17 13.57.03

森岡毅氏の著書は、3冊目。どの本でも熱い語り口にグイグイ引き寄せられますが、今回もそうでした。
リーダーシップは先天的なものではなく後天的に身に着けられるスキルであるということをP&Gの研修講師時代、そしてUSJをトップでV字回復させた体験から、解説。リーダーシップとは人を本気でやる気にさせ、弱いところを補いあうようチームを作り、目的のために戦略的に動けるようにすることと説いています。
森岡氏は子供の頃は実はコミュニケーションが苦手だったそうで、社会人となった若い頃の苦い体験を吐露されている「第7章:私自身の悪戦苦闘のリーダーシップ」は読みごたえがあります。どうしても優秀だと自分で全部やってしまい一匹狼になりがちですが、人を活かし、人と一緒にやっていくことの大事さに気づいてからは変わっていかれたようです。
今は、ご自身の会社を創業しクライアント企業のサポートをされていますが、創業メンバーとして頼みこんだのが、質的に消費者を洞察していく能力に秀でた女性のプロダクトマーケターで、彼女をP&Gからご自身の会社に創業時にヘッドハンターしたと紹介しておられます。森岡さんと言えば、定量的&確率思考的に分析し戦略を作成しているイメージですが、それを相互補完し支えている質的分析のプロフェッショナルが社内におられることを他人ごとながら嬉しく感じました。
また森岡氏はP&G勤務時代に海外で子育てもされているため、日本の教育にリーダーシップを育てる教育が欠如していると指摘されています。考えずにおとなしく従うことを優先する教育だったと私も感じていますので、同感です。
新年、ちょっと元気になる本で、コロナ禍でもチャレンジ精神を忘れずいきたいと思います。

「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン著(新潮新書)を読みました

2021-01-11 09.41.24
先週は、1月~2月のweb調査やインタビュー調査の件でオンラインでの打ち合わせをいくつかしました。東京は、2回目の非常事態宣言が発動。医療関係者の人達のためにも感染を少しでも抑え込みたいところです。
コロナ禍での在宅中、パソコンやスマホなどのネットに触れる時間が増えているように感じます。
この本の著者、スウエーデンの精神科医はスマホが脳に与える影響を強く訴えています。触るたびに脳にドーパミン(報酬系物質)を放出させるスマホは、常に気になる存在となってしまっている。そのため集中力が欠如し、記憶力も低下、睡眠の質までもさげているというスマホ。大人だけでなく、スマホ以前の世界を知らない子供たちにとっては、学習能力にまで影響を与えています。だからジョブズは自分の子供に与えなかったのか、、、、。
スマホを常に目の前に置いておくのではなく、見えないところに置くだけでも本来すべきことへの集中力が違ってくるそうです。SNSなどによって子供たちの幸福感や自己評価も下がっているということ。
スマホの依存性をしっかりと意識することで、よりストレスのない適度で健康的な使い方ができる。それを考えてみようという著者からの提案、私も意識してみようと思います。

紅葉と新蕎麦

研修も終え、ひと段落しましたので、連休を使って八ヶ岳に行ってきました。標高1300メートルぐらいのところはすでに紅葉していました。楽しみにしていた新蕎麦も味わって、大満足でした。
2020-10-31 14.56.52

そして、いよいよです、アメリカ大統領選。
「マインド・ハッキング」(新潮社)クリストファー・ワイリー著という本を読んでいます。選挙のための戦略をコンサルティングするケンブリッジ・アナリティカという会社にいた元社員の告発本です。
フェイスブックなどの膨大な情報で特定のターゲットに特定の情報を流し続けながら、感情を扇動し、誘導しながら投票行動を戦略通りに仕向けます。こんな風にしてアメリカの分断は作られてきたのか、と驚くばかり。アルゴリズムによって見たいと思っている期待通りの現実を知らないうちに信じ込まされているのが恐ろしい。
今日でまだ半分読んだところなのですが、読み終わる前に大統領選の結果は判明するでしょうか。