マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

コロナウイルスがいても春は来ました

コロナでお出かけ控えていましたが、今日は春のポカポカ陽気の中、夫とランチをしてから、丸の内に買い物に。
皇居東御苑の桜も満開でした!遠くに見えた千鳥ヶ淵の桜はまだこれからといった感じです。
皇居周辺には、ランナーたちもおおぜい気持ち良さそうに走っていましたし、散歩する人達もたくさんいて、しばしコロナ休憩といったところでしょうか。
今週は、マスクをしてインタービューしたり、マスクしながら打ち合わせする生活にちょっと疲れておりました。
ただイタリアはじめ世界中でウイルスと戦っている医療従事者の方々のことを思うと愚痴など言ってられません。
とは言えこの生活、長期戦になりそうですし、せっかくの春ですから、少しだけ気分転換して乗り切りたいものです。

2020-03-21 14.02.342020-03-21 14.15.24

Written by intervistatokyo

2020/03/21 at  

カテゴリー:

コロナウイルスの影響3

先週は、日々変わるコロナウイルスの情報についていくのに少し疲れました。
イタリアを中心として欧州がかなり厳しい状況にかわってきていますね。
色んな意味で先を想像すると、これからの生活は変化を受け入れて、柔軟に過ごさなくてはという気がします。
行動が制限されて、仕事も制限されて、、となるとかなりストレスになりますが、かりに感染したとしても悪化させないよう、あまり心配しすぎても免疫力が落ちますので、人のいないところで散歩したりするのがいいかなと思い、今日は歩いてストレス発散!
青空の下で、人と近くない距離で歩けるのは、やっぱり今の時期かなりリフレッシュできますね。
なかなか先の状況が見えませんが、適度に楽しいことを見つけて過ごしたいものです。
この時期、おいしいものをいただきたいという欲求も高まっていて、体重も増殖しないようにしないと~(^_^;)

2020-03-15 12.29.192020-03-15 12.31.53

Written by intervistatokyo

2020/03/15 at  

カテゴリー: その他, 気になりました

コロナウイルスの影響2

うがいして手を洗って消毒スプレーをかけて、というこれまで私にとって非日常的な行動がもはや日常的なルーティンになってきて、早2週間です。外出時も小さい消毒スプレーを持ち歩いています。

電車もすいている、街もすいていて(銀座など信じられないくらいです)、お店もがらがらです。
でも、公園は子供たちとお母さんたちで賑わっています。そうですよね、せめてストレス発散しないと。
100均が混んでいて家の整理をしている人が多いのか、関連製品が沢山売れていました。MUJIのポリプロピレンのスプレーボトルも売り切れでした、消毒液などを入れて持ち歩いているのかなと想像。

昨日の無観客試合での相撲。不思議な雰囲気でしたよね。リハーサルのような現実味のない相撲でした。
観客の声援がないとこんなに盛り上がらないのかと実感。頭で考えている以上に声援や観客の姿って大事。
となるとオリンピック、どうなるのでしょうね、、。

今週は、仕事のキャンセルでできた時間を有効に使って過ごしたいと思います。

Written by intervistatokyo

2020/03/09 at  

カテゴリー: その他, 気になりました

コロナウイルスの影響

コロナウイルスの感染を抑えるため、今週から学校が休校になったり、様々なイベントが中止されたりしています。
個人的にも、行く予定だったコンサートは中止。今週実施のインタビューも中止。
3月下旬に実施予定だった調査は、5月に延期となりました。

そんな中、先週予定されていた企業内ワークショップは、ギリギリのタイミングで実施できました(良かった・・)ので、今週はそのサマリーを作成し、その結果を踏まえたコンセプト調査の企画書を作る予定です。

ドラッグストアではトイレットペーパーが売り切れていたり、スーパーでは缶詰やレトルト食品、冷凍食品も普段より売れていて、テレワークや家で過ごす覚悟をした人達の準備が見えてきます。
私はトイレットペーパーは普段から沢山買っているので今回は特に買い足さず(デマだと言っていましたしね)、保存食品を少し買い足したぐらいでしょうか。マスクもなんとか足りています(今は)。
うがいをして、手を洗って、消毒スプレーを使っていくことと、あとは睡眠を十分とってストレスをためないで(心配しすぎない)、免疫力を保つしかないですね。
それよりも長期戦を強いられている医療従事者の方々や、休校中のお子さんをもつ働くお母さんたちが心配です。
クライアント企業の女性2人も小さいお子さんを持っておられるので、きっとこの週末に色々と今後の準備を進めているのだろうと想像しています。この2週間で感染スピードが確実に減速しますように。

Written by intervistatokyo

2020/03/01 at  

カテゴリー: 気になりました

第4回目ワークショップの準備

次回のWSでは、ブレストを実施します。
第3回目のWSではターゲットに近い人達に個々人でヒアリングしてきてもらった結果をグループで共有しましたので、次回は、それらの人達を念頭において製品のアイデアをブレストします。
ワールド・カフェっぽく、メンバーを途中でシャッフルしてラウンド3まで行う予定です。
ブレスト用のアイデアを描くカラーペンを買ったり、付箋紙なども準備中。
当日どうやって運営していこうかなと考えています。
皆のアイデアが刺激を与えあって受粉して花が咲くように、創造的な時間を計画しなくては!
梅の花も、見頃。早くあたたかくなって新型コロナウイルスが落ち着いて欲しいものです。

2020-02-08 13.59.27

Written by intervistatokyo

2020/02/16 at  

カテゴリー: 研修

アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト2020 Bプロ

バレエ公演をオーチャードホールで観てきました。セルゲイ・ポルーニンを一度観てみたかったのでBプロで。
行ってみると、アリーナ・コジョカルが来日直前のリハーサルの怪我で負担の大きな作品に出られなくなったとのことで、演目4つが変更となり、出演者も変わっていました。

私としては、ハンブルクバレエ団のプリンシパル、菅井円加さんが代わりに出演されたので、わお~!
菅井円加さん、コンテンポラリーの「ヴァスラフ」も良かったですが、クラシックの「海賊」もバッチリ踊られてさすがです。お相手のキム・キミンもキレッキレでした。
円加さん、直前に出演が決まって遠くから飛んできて疲れておられるでしょうに、やぱりプロですね。
ダンサーは常にこういった急な要請にもこたえる準備をしていなくてはならないのですから大変です。

同じく、急きょ出演が決まったシュツットガルトバレエ団のプリンシパル、エリサ・バデネスも、フリーデマン・フォーゲルと踊った「モノ・リサ」が素晴らしかった!
エディット・ピアフの歌声で踊る「エディット」世界初演も、ナンシー・オスバルデストンがピアフの雰囲気出していて良かった。
「ABC」も去年初演の作品だそうですが、面白い!アルファベット順にバレエにまつわる動きが連続して登場、ユーモアあふれる繋がりで思わず笑ってしまうんです。
そして最後のセルゲイ・ポルーニンとアリーナ・コジョカルの「マルグリットとアルマン」。
アリーナ・コジョカルは、大丈夫なのかな~と最初心配しながら観ていましたが、後半は気になりませんでした。
セルゲイ・ポルーニンはやはり素晴らしかった。彼の演技と雰囲気に感動!

Written by intervistatokyo

2020/02/09 at  

カテゴリー: バレエ

ネマニャ・ラドゥロヴィチのヴァイオリン演奏会

2020-02-01 19.58.38
ネマニャの大ファンの友人が、今回の日本ツアーのチケットを複数日取っていたのですが、今日のコンサートに行けなくなってしまったため、急きょチケットを譲っていただいて東京芸術劇場(池袋)に行ってきました。
前から4列目!うわ~近い。
読売日本交響楽団との演奏会で、今日は「ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲」でした。
厚底のブーツにピッタリのパンツとジャケット、そして結んだヘアスタイルが個性的!
演奏が始まると、もう目が離せませんでした。
管楽器のパートの人の方を向いて後ろ向きで演奏したり、第一ヴァイオリンのコンサートマスターににこやかにアイコンタクトをとったり、まるでオケと語り合うような演奏で、楽しい!
時に足をふみならしながら情熱的に奏でたり、かと思うととても繊細な内面を感じたり。
そしてこの曲、超速の超絶技巧の連続だと思うのですが、いとも簡単に奏でているように見えるのがまたすごい。

彼女から話には聞いていたけれど想像以上にすごかったです。
演奏では饒舌に歌って語っているようなのに、いったん演奏が終わるとものすごくシャイで控えめな感じ。
そのギャップがとてもチャーミングでした。
アンコールはバッハの「無伴奏バイオリン、パルティータ」だったのですが、これがまた良かったですよ~。

Written by intervistatokyo

2020/02/01 at  

カテゴリー: 行ってみました