マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Posts Tagged ‘質的研究

2012年5月に読んだ本

CIMG4354

●ライブ講義「質的研究とは何か」西條剛央著(新潮社):リサーチャー仲間から以前すすめられて購入していた本。
質的研究を学生との対話形式でわかりやすく説明している本です。アカデミックな領域における質的研究はどうやって行われているのか、を知りたくて読みました。でもちょっと本棚で眠っている感じでした、、ところが、、
●「人を助けるすんごい仕組み」西條剛央著(ダイヤモンド社):今回、同じ著者だと知らずに書店で購入したら、あれあれ?以前読んだあの本の著者と同じ人かもしれない、、と読んでいるうちに気がついた。
質的研究者(哲学・心理学がご専門)で大学の専任講師をされている著者がこうして被災地でボランティアの人たちを束ねて赤十字のような大組織の手が廻っていない被災地の人たちに向けて家電を手元に届ける大プロジェクトを実践するリーダーとして行動されておられることに感動し尊敬した。行動し実践する哲学者!というところがかっこいい!
SNSツールを使いながら、多くの人にあくまでボランティアとして参加してもらう、モチベーションを下げないように組織の力を引き出す、人間同士のトラブルも避けるように工夫する、など細かいことを積み重ね確実にプロジェクトを成功させるためのノウハウと知見がふんだんに公開されていて、素晴らしいと思った。プロジェクト運営という意味でもたくさんの知恵が盛り込まれている本。

Written by intervistatokyo

2012/05/30 at  

カテゴリー: Books

Tagged with